相変わらずマイペースで我道一直線。そんな啓示者も人である以上、やはり大なり小なり悩みはある。
テンプルがNPCに重なってくるとか、IDで猫出してもペンギンダッシュでぶっちぎられるとか。あ、小しかなかった。 

 
2016102001

今更ながらJTOS初のイベントとなるスタンプラリー。記念すべき一発目としては随分と地味。
OBTから普通に進めて42。貰えたスクは1個。しょっぱい・・・。TWでももうちょっと頑張ってるよ?


2016102002

物理攻撃力+28という中々良さげなペンダント。そう言えばもうすぐ170だし、装備の更新が近い。
お金はあるだけテンプルちゃんに食べさせてるけど、貯蓄しないと。当然だがシャルロットに食わせる餌はない。


2016102003

意を決してウキス耕作地に行くと、かつて無いほどネガティブなNPCがいた。淡々としてるのがかえって怖い。
大胆不敵で知られる啓示者の背筋に冷たいものが走る。少しばかり壊れ過ぎじゃないか? この世界。


2016102004

司祭様、あんまり怒ってなかった。良かった。というかちょっと得意げな台詞回しがチャーミィで可愛い。
あぁはいはい、モンスターね。罪悪感がないわけでもないし適当に恩を被せて有耶無耶にしてしまおうか。


2016102005

了承は模範的な大人の対応、二つ目はさりげない話題そらし、そして人としてあるまじき第三の選択。
司祭として厳しい修行に耐えたラエリエさんでも、これが私の怒り!!ってザイバスされてもおかしくない。


2016102006

恩を着せるというか、むしろ弱みを握られて強制労働中。当たり前のように魔物を灰にしていく。
これを何に使うかって、当然、女神に捧げるために決まっている。そう、別に何もおかしいところはない。


2016102007

マップの手前半分は全然敵が居なくてクエが進まないなと思ったら、奥半分に腐るほど密集してた。
手前は村という設定らしい。にしても偏りすぎ。畑にこれだけ居たらそりゃ確かに絶望する気持ちもわかる。


2016102008

いかにも怪しい石を調べたら、壮大なボス戦BGMとともに謎のパンダが出現。脈絡がなさ過ぎてもはやギャグ。
なにこの山道をハイキングしてたらばったり熊に出くわしちゃったみたいな状況は。意味がわかんない。


2016102009

図体がでかいだけでテンプルちゃんの敵ではなかった。というか、やはり魔将だったのか。何故こんな所に。
魔将なのに扱いが雑すぎる。せめて一言くらい喋らせてあげてよ。まぁパンダが喋ったらそこは突っ込むけど。


2016102010

今度はいつの間にか女神様が出現。飾りの重さで首が傾いているように見える以外は完璧な女神様。可愛い。
そういえばちょくちょく名前出てたなぁ。まさかこんな野原にぽつんと立っているとは夢にも思わなかったけども。