ようやくカレイマス接見所へと乗り込んだものの、1層目で既に苛烈な魔法攻撃に為す術もなく撤退する啓示者。
ごめん、やっぱ啓示諦めます。というわけにも行かない。魔族め・・・地を這い泥水を啜ってでも戻ってきてやる。
 
 
2017010701

全身クロースはやはり不安だ。プレートのまま魔防だけを増やすとなるとジェムかアクセしかない。
アクセ枠を1つ潰すのは勿体無いが、死ぬよりまし。これに防具付与、猫も含め一気に880まで上がった。


2017010702

アイスボルトだけは相変わらず400ほど食らうが、通常攻撃は全て1。フハハ、メイデン敗れたり!
もしこれでも魔防が足りなければ靴にLv5の青ジェムでもさせば更に50*2は上がる。まぁ今の靴ソケないけど。


2017010703

さっきまでは2匹で瀕死になり逃げ回っていた啓示者が、余裕たっぷりに戻ってきてジャナスくんもご満悦。
このカレイマスという監獄はカデュメル国王が作ったもの。秘密の通路や秘密の仕掛けがいっぱいだ。


2017010704

だからこそ啓示を隠すのに最適だと踏んだわけだが、何故か魔族にはお見通しで死ぬ羽目になったらしい。
啓示者に伝えるため霊魂のままずっと待ち続けたジャナス。なんか、大聖堂でも同じような話あったような。


2017010705

碑石の裏に隠してる物を探せと言われ、碑石を調べるが、意味のない文章が彫られているだけ。見つからない。
とか思って後ろ側に回ってから調べたら見つかった。あ、そういう意味か。こんな石柱じゃ表も裏もないだろ。


2017010706

さすがはカデュメル国王の作った牢獄、一筋縄じゃ行かないぜ・・・と汗を拭って次のギミックへ。
今度は小部屋のど真ん中にでっかく置いてある秘密装置。むしろこれしかない。秘密とは一体。


2017010707

牢屋の中には実際に投獄されていたらしい囚人の走り書きが。何かをこっそり持ち込んだらしい。
天狗になってるのか挑発的な文章だ。確かに物を隠すのにはセンスが要る。でもそれ書いたらダメじゃない?


2017010708

本人も見つけられないから問題ない。天才と何とかは紙一重というが、こいつの場合は確実に後者だろう。
なお啓示者が探すと秒で見つかる模様。なんせ地図にマークが付くニュータイプだからね、しょうがないね。


2017010709

よくわからないまま魔族の血を集めたりしていたが、それも全て1Fを牛耳るボス、マンダラを倒すため。
魔力抑制の書で敵のバリアを無効にしつつ攻撃を加える必要がある。ボス戦なのにギミック付か。面倒な。


2017010710

まぁ少しでもバリア解ければ後は再びバリアされる前に溶けるけどね。同格ボスでも瞬殺。アグニ強い。
これで1Fは無事攻略。まさかイチョウの葉っぱ1枚でこれほど天地の差が生まれるとは。 まさにアクセ様々。