破損したナルバス寺院の防御装置改修に一人で尽力する修道士、アイスティスさん。

もはやクレリックならぬメカニック。ようやくナルバス寺院へ突入する準備が整った。


手伝いはしたが、彼は一人で魔族のひしめくイゾラーチャでよくやったと思う。

しかしここから先が本番。ナルバス寺院を取り返すまでがクエストだ。


2018032901

流石、準最終マップだ。敵とのレベル差はまたしても10Lvオーバー。

ちょっとしんどいのは確かだけど、まぁこの程度なら問題ないだろう。


R8直後の鬼畜難易度に比べれば、今は315を超えれば殆ど誤差の範囲。

大抵のネトゲでは昔は良かった的な懐古厨が一定数いるものだが、ことTOSに限ってそれはない。


最初はガチガチに締めて、後々手綱を緩める舵取りはノウハウが極まっている。

アプデとメンテ、2度仕事した振りが出来るからだという邪推が経つのも仕方ないと言えよう。



2018032902


もしかしてレベル差で受諾できないのかと思ったけど、無事に進んで一安心。

でもまだまだ魔法装置の改修か。修道士から修理士に転職したほうが良いのでは。


流石に祈ってるだけじゃ飯は食えないから、何かしら技能を習得していてもおかしくないが。

てか他人のことより、救済者って世界を救った後はどうやって生活すれば良いんだ・・・。


狡兎死して走狗烹らる、か。兎を取り尽くしてしまえば、その猟犬は煮て食われるしかない。

全滅しない程度に魔族を駆除すれば今後の生活も安泰だ。まぁ救済者としてはどうかと思うが。



2018032903

まぁ何と言おうとあたしも人間なんでね、霞を食って生きていける訳じゃありませんや。

神聖な寺院での殺生はご法度でしょうが、この程度の密漁は役得ってことで。へっへへ。


ブアの硬いくちばしはマシニオス銃の材料。今はレシピが高額だが、いずれは必要になる。

どうせレベルは上げなくてはいけないのだから、ついでに素材も前もって準備できれば一石二鳥。



2018032904

聖水で魔族を追い返す、というのは何となく分かるけど、異教徒も聖水で追い払うのか・・・。

装置の判断基準で言えば、異教徒はもはや人間でも魔族と変わらない扱いというわけだ。


てか普通の人間でも、いきなり水ぶっかけられれば帰ると思うけど。

それ、別に聖水じゃなくても良いよね。違う意味の聖水だったらもっと酷い話だ。



2018032905

だいぶダレてきたけど、今回の解決案も二つ返事で了承。

まともに見えても、やはりあまり怒らせてはいけない人種には違いない。


女神の啓示者である以上、装置に敵とみなされる確率は限りなくゼロだと思うけど。

ここはビジネスだと割り切ってゴキゲンをとっておくのが得策。



2018032906

冒険者たるもの、獲物の血抜きも当然お手の物。クエで鍛えた採血のプロだ。

あぁ、やっぱりこうやって何も考えずに血を抜いてると心の底から安心するな。


やはり魔族はある程度地上にいたほうが良いな。素材が何かの役に立つかも知れないし。
何よりストレス解消に最適。魔族ならいくら殺した所で良心も痛まないし。



2018032907

まるで出入りの業者のごとく勝手知ったる感じで次々に修理をしていく。

部材は勿論、貴様ら魔族の血と肉と骨だフゥハハハー! デストローイ!


と、途中で見かけた、人間と魔族の心温まるほのぼの交流・・・ではないな。

こちらが魔族を材料にするのと同様、もしや逆に魔族にとらわれて何かの材料に・・・?



2018032908

肉体ではなく魂のほうがご入用らしい。だがあいにくと大人しくやられるタマではない。

人間を捕まえてその命を弄ぶなど、言・語・道・断! その所業、悪逆非道の極致!


判決は当然死刑だ。啓示者が魔族を捕らえて凄惨な最後を遂げるのは良いの。正義だから。

逆に魔族が人を捕まえて害をなすのは死罪だ。可哀想だがどっちみち死ぬしか無いってことよ。



2018032909

感謝の意を述べつつもこちらに見向きもしない修道士たち。完璧なまでの社交辞令。

死ぬ前に助けられれば良かったのだろうが、ここに来た時点で既に手遅れであったから仕方ない。


弱いやつが喰われ、強いやつが生き残るのが自然の摂理。恨むのは筋違いってものよ。

運が悪かったな。まぁ仇は討ってやるから、大人しく成仏すると良いよ。アディオス!