どうせ適当なサブシナリオだろうと思ってたらシャレにならない兵器が出てきてしまった。

生命を糧として死の胞子を振りまく魔族の大量殺戮兵器だ。簡単に言えばガチでヤバいヤツ。


啓示者もある意味ガチでヤバいヤツだけど。いやそんなふざけてる場合じゃないんだって。

やはりあの時取り逃したのは失敗だったか・・・。今度こそ叩き潰さねば人類は滅亡する。


2018041001

今度はがらっと雰囲気が変わったアイテオの岸。人工物がある所を見ると元々陸地だったのか。

いやイギティにも何故かケーブルカーあったしな。そこらへんの整合性は求めるだけ無駄だ。


ここはスピード勝負。ようやく啓示者の出現により形勢を盛り返し始めた大事な時期。

新たな領地を抑えられるかどうかで趨勢は簡単にひっくり返る。ここは踏ん張りどころだ。



2018041002

ぐああ強いぃ・・・! 3桁のダメージが重なってるわけではなく、普通に4桁食らっている。

流石に魔族も海岸線の確保には並々ならぬ精鋭を投入しているようだな。


序盤は神装甲だったカフリも、このレベルになるとただの紙装甲に成り下がる。

他の敵も普通に多段ヒットとかしてくるから油断すると死ぬなこれ。



2018041003

もはや質問ですらない。伝承者に頼まれたら啓示者。なるほど。

その理屈はおかしいが、どうせこの手の人間は話が通じない。否定するだけ無駄だ。


もしかして、プデンはこの子に言いくるめられて啓示者を名乗っているのでは・・・。

ならばあの村人レベルの頼りなさも納得だ。無様な屍を晒さぬだけまだ救いがある。



2018041004

怪しい装置か。それはゼテオでも聞いたな。確か急激に侵攻が激しくなったとか。

うーん、でも装置って言ってもクルビナはそういうのじゃないからなぁ。よくわからないな。


案外、ただの記念碑的な奴かもしれない。新しい陸地ができりゃ魔族だって観光くらいするさ。

それを人間が勝手にユラテの領地だ何だと主張して蹴散らされてるだけだったら痛すぎる。



2018041005

適当極まりない選択肢。どういう意味のいらないなのかは自分でもよく分からない。

報酬の経験値カードに対して、要らないって返答が選択できるという事か。


そんな欲しがられてないって分かってるんなら報酬考え直せばいいのに・・・。

ここは景気よく未鑑定装備が出るキューブとか。それなんてTW? って言われそうだけど。



2018041006

ふんだららった へんだららった どんがらがった ふん ふん ♪

エッグはないが、何やら真剣に祈りを捧げるニムラ族。こちらには全く気づいた様子はない。


なんだか怪しい儀式をしているのはよくわかった。しかしそれだけだ。

クルビナの製作でもしていれば強襲してでも破壊すべきだが、まだ慌てる時間じゃない。



2018041007

ひとまず偵察という名の露払いを終えて戻ると、伝承者のウグニスが追いついていた。

またネリウスを一人置いてきたらしい。どうあっても生かすつもりはないようだ。


プデンの姿はない。まだたどり着かないらしい。うだつのあがらないやつだ。

ニーチが何の反応も示さない所を見ると完全に忘れているのかも知れない。



2018041008

何故かユラテのもとに集う人間はそんなのばっかりだが、もとより数に入ってない。

偵察して掃討して奪還して破壊工作って、もう全部一人でやってるようなもんだ。


片っ端から蹴散らして魔法陣を破壊し、封印されしユラテの聖物を回収。

貴重な聖物を奪われた上に目と鼻の先で封印までされている。圧倒的じゃないか、我が軍は。


どこまで戦力差があればそこまでコテンパンに叩きのめされるのか。逆に興味深い。

せっかく準備してきた魔族さんには悪いが、このままじゃクルビナが出る幕もないぞこれ。