元々、一人っ子だったはずだ。だが、いつの間にかペットが増え、弟が、そして妹まで現れた。

気がつけば狭いバラックに自分も含め男女8人。しかもアクセ含め装備を根こそぎ奪われてるし。


冒険譚を綴るどころか、バラックの片隅に追いやられ、末の妹にはニート呼ばわりのパシリ扱い。

遺憾に堪えないとはまさにこの事だろう。まぁいい。それよりランコ水域のコレクションだ。


2018061401

ランコ水域のコレクションは少々特殊で、同地域のクエを全て完了しておく必要がある。

こんな高レベル地域のクエまでこなしてるのは長男のまじかると次男のらっきーの二人のみ。


故に長男、まじかるが2ヶ月ぶりの出番となったわけだが。NPCの頭上に燦然と輝く青い旗。

連続クエだけクリアして、サブクエのサブクエは忘れていたらしい。その事すら忘れていたよ。



2018061402

現状ではコレクションをくれないスキイラー君。ふむ、仕方あるまい。世の中ギブ&テイクだ。

本来の任務が執行できない時点で明らかな人選ミスなのだが、要らぬ波風を立てる事もない。


君は運がいいな。我が叡智を授かりし者よ。大船に乗ったつもりで安心するが良い。

さぁ、それで偵察することでどのような情報が必要なのか、まずはそれを教えてもらおうか。



2018061403

一切合切燃やしてしまえと来たか。そうだな、補給を断つのは戦の基本だ。

ところで、君は偵察という言葉を一度辞書で引いてみた方が良いかもしれないな。


情報は財産だぞ。それを手当たり次第に火をつけるとか、偵察どころか宣戦布告に等しい。

本当に良いのだろうか。その方が面白いが。もう一人のクエも一緒に片付けてやるとするか。



2018061404

副官を探しに行った新入りを探しに行きたいエバンズと脅迫してでも離れたくないスキイラー。

まさかとは思うがホの字じゃあるまいな。副官←新入り←エバンズ←スキイラーの関係だな。


そっちは複雑過ぎて理解できないので、手短にやることだけを覚えよう。シンイリ、サガス。

ホキュウヒン、モヤス。よし、完全に把握した。ではリハビリがてら軽く殺し回るとするか。



2018061405

見た目はひ弱な錬金術師だが、HP200kくらい軽く一撃で蒸発させる程度の攻撃力はある。

腐ってもカンストだからな。こんな雑魚共に苦戦するほどやわな人生を歩んでは居らんよ。


敵の補給品を燃やしつつ、新入りの手がかりらしきアイテムを手際よく回収していく。

ああ、この感じ・・・お悔やみ申し上げるパターンかな。まぁ仕方あるまい。潔くアキラメロン。



2018061406

新入りの物らしき遺留品を渡すと明らかに血相を変えて慌てるエバンズ。いや死んでると思うけど。

それにしても一介の生産職を捕まえて手練とは。しれっと持ち上げつつも再調査を要求してくる。


エリアマップを見て他に人は居ないのがはっきりしているのだが。どうやって諦めさせるか。

まぁ適当に時間潰して戻ればそのうち諦めるだろう。顔だけは神妙に再び散策もとい捜索へ。



2018061407

流石に水場だけあってやたら醜悪なウシガエルがいるな。馬鹿め、蛙の分際で歯向かおうとは。

弱そうに見えるだろうが、これでもナザレヌでも普通に狩りを嗜む程度の力は有している。


無論、こんな貧弱な一般フィールドで粋がっている井の中のカワズなど一瞬で消し炭だ。

良かろう。神にも等しい我が力、とくとその身に刻むが良い。行くぞ。アルケミックミサイル!



2018061408

一瞬で消し炭にされた。必殺のミサイルを放った瞬間、30k近いダメージを受けて自分を必殺。

そんな馬鹿な・・・チッ。反射ダメージか。あんなダメージを食らうのはそれしか無い。


少々思い出すのが遅かったな。だいぶ感覚は取り戻したが、久々の出番だ。致し方あるまい。

ふっ、まぁブランクで鈍った頭には丁度いい刺激だな。次は確実に四肢を引き千切って殺す。