すっかり落ち着いた感のあるTOSも、最近はR10情報も出てくるなどまだまだ続きそうな気配。

控えてるのは新職パイドパイパーにエクソシスト、それにキャップ引き上げと星の塔か・・・。


まぁ例によっていつ来るのかはわからないし、それまでやる気が続くかどうかは怪しい所。

一次ソースを探りに韓国の開発情報を見に行くと・・・過去幻想図書館改変!?


2018070901

レイドなんかに改変された日には二度とクリア不可能になってしまう。

フレさんと一緒にクリアしたことはあるものの、PTリダじゃなかった為イベントは見れずじまい。


しかし、今なら仕様変更によって強化された鷹と超越した350ピストルがある。

何度やっても追い返されたあの頃とは違うのだ。いざ、今度こそソロクリアを目指せ!



2018070902

序盤の石割は余裕でも、この魔族の気伝達が難関。だった。殲滅が遅いと、次が湧くのが遅い。

制限時間内に必要数を沸かせることすら出来ずに涙をのんだ殲滅ギミック。


しかし仕様変更と超越を済ませた今は心配ご無用。BODとフェーザント、いずれも1確。

あの苦労が嘘のようにラクラク突破。よし、ここさえ凌げば後はボスのタイムアタックだけだ。



2018070903

このバルドパスがまた厄介で、HP約5.8Mを約2分半で削り落とさなくてはいけない。

数字上は十分可能だけど、動き回る上に吹き飛ばしによるタイムロスが痛い。


一応NPCの助っ人は居るけど、実質ソロでの戦い。ハメられれば終わりだ。

ふっ、だが、開始当初から殆どソロで乗り切ってきた筋金入のぼっちを舐めるなよ・・・!



2018070904

撃破。普通に倒したけど、これ2人でも時間切れだったことがあるのを考えると凄い成長だ。

やっぱ超越が凄いのか。1分で4M減らしたのを考えると3秒で200k位か・・・強くなったなぁ。


三女みざりぃのソアーが一撃200kだけど、CDも含めて考えるとそんなに引けは取らないと思う。

ただあの子はまだ270武器に未超越とかいう怪物なので。兄妹喧嘩だけはしないようにしたい。



2018070905

幻想図書館、過去の回想。これが以前に魔神ギルティネが図書館に侵入した時かな?

確か魔神が狙っていたのは自身の記録だったはず。もしかしたら女神全般の記録かな。


もしかしてこの過去のイベントはそれに絡むのか。やっててよかった。

というかここまで進めて良かった。さぁ、どうなるか見ものだな。



2018070906

強硬手段に訴えようとするギルティネを、どうにか思い留まらせようと懇願するバイボラ。

さて、あの方とはいったい。まぁメインストーリーを進めてれば大体想像はつくけど。


バイボラのクポル、デオドラはギルティネにあるものを持ってくるように命ぜられる。

デオドラはそれに逆らうことが出来ない。多分バイボラが人質状態なのかな。よく分からん。



2018070907

その絶体絶命の状況に乱入するのが我らがセイバー、らっきーさんと不愉快な仲間達。

ホバがどんな理由でフラリーと契約したかは定かではないが、飴ちゃんにでも釣られたのだろう。


かくしてフラリーに騙され、ギルティネ渾身の略奪作戦を阻止してしまったホーバーク。

これがかのヘルガ・セルクルによる魂引き裂き事件に繋がっていくのは明白である。



2018070908

そして騙した本人が、この言い草。ここだけは流石にホーバークが可哀想に思えてしまう。

おそらく例の名台詞、ここでは誰も信じてはならぬ、女神も、お前自身も。が誕生した瞬間だ。


まぁホバくんもこれまで残虐の魔将と呼ばれるほどやんちゃしてきちゃったからね。

ただ魔将と呼ばれる程のチカラを得ても、本物の外道には敵わないって事がはっきり分かんだね。



2018070909

バイボラとナシをつけるため、始末はフロスターロッドに任せ、姿を消すギルティネ達。

作戦的にはこれで成功だ。後はフロスターロッドを倒し、現代に戻るだけ。


強さ的にはバルドパスとほぼ変わらない。時間制限もないので落ち着いて倒すだけ。

シナリオ的にはやや不完全燃焼気味ではあるけど、サウシス実装前だと思うと仕方ないか。



2018070910

危なげなくフロスターロッドを倒し、無事凱旋。キューブは・・・まぁらっきー君なので。

これでまた一つ心残りが消えたな。さぁいつでも改変ウェルカムだよHAHAHA!


レイドになると新ネックレスとフロスターロッドがレジェc化かぁ。まぁ関係ないけど。

アクセサリはもっとレイドとかボス以外で新しいの作って欲しいところだね。