アプデを心待ちにするユーザーに突きつけられた地獄の宴、育樹祭もようやく終焉の時を迎えた。

これで安穏とした日常が帰ってくる・・・! ああ、やっぱり何もないのが一番だね。


しかしもう夏本番、夏休みという暇潰し特需を利用して新規ユーザーを呼び込むチャンス。

きっと細田Pの肝入でさぞや豪華なイベントが開始されるはず。いざ行かん、サマーフェスタ


2018081001

先日まで太ましい根をガッツリ張ってた祝福の樹は、まるで幻のように影も形もなくなっていた。

いや知ってたけど。代わりになんか・・・特に回す意味はなさそうなヤツが。しかも2つも。


しかしアレだけの大質量の樹を一体どこに。仮にも天使に下賜された物を燃やすわけもないし。

はっ、まさかあの質素なカウンターが? それにしては使用量が少なすぎる。一体どこに・・・。




2018081002

これかぁー! おおお、祝福の樹が、こんな七福神を乗せる宝船みたいな姿に。

ヴァカリネ看板と同レベルのベニヤ板かと思ったら、乗れたりするから油断できない。


2Dを3Dに見せるのではなく、3Dを2Dに見せかける逆転の発想。サスガ天才は一味違う。

何の意味があるのかは考えた所で到底理解が及ばないので深く考えないことにしましょう。



2018081003

例のモンスターから手に入った氷はこの飲食受付でバフ効果のある飲食物と交換するのね。

ミニゲームはイベント受付の方。こっちは玩具をくれるみたい。中々気合入ってるね。


ただ参加費無料という謎の運営母体に、景品も夏に関係ないニシンの煮付けと熱々のエビグラタン。

どう考えてもオカシイけど、街中で商売許可が下りてるなら怪しい団体ではない・・・ハズ。



2018081004

まぁいいか。タダだし。腐った芋饅頭も平気で食べる啓示者の辞書に理性の二文字は無いよ。

で、イベントの内容はスタート地点から×印のゴール地点まで火の玉を蹴り転がせばいいのね。


燃え盛る炎の塊を蹴り転がすという狂気の遊戯。ぬぅ、これは! 知っているのか雷電!

これはサッカーならぬ殺火愛(さっかあ)! 古来よりうんちゃらかんちゃら!(民明書房刊)



2018081005

雑にボケてる場合じゃなかった。これ、結構難しぃ~。なんか上手く蹴れないよ。

ロングシュートばっかりしてたら幅狭い所で何度も跳ね返ってきて全然進まないし。


しょうがないのでショートで安全に蹴り出して広くなった所で再びロングに切り替え。

規定打数とか、小さく叩いて脱出とか。あの、これ、サッカーじゃなくてゴルフじゃ・・・?



2018081006

ホールイン! コツを掴めばそう難しくはないけど、立ち位置を調整するのが大変。

なんか地味にいつもより移動速度上がってて、むしろ微調整しづらいし。


キックもフックとかスライスとかあってボールを止めたパネルによって得点が変化・・・

いや面倒くさいからやっぱナシで。日課なら1回蹴って即ホールインワンが理想かな。



2018081007

玩具か特性Pが欲しかったけど、初の景品は残念賞らしきクラッカー。ぐぬぬ、解せぬ。

てかこれ玩具のクラッカーってより爆竹じゃ? 韓国じゃ花火類は全部爆竹っていうの? ほ~。


は置いといて。15回報酬で灯台ライトが確定で貰えるらしいけど、どうせなら全部欲しい。

もうコツは掴んだから。卓越した知能と氷の如き冷静さで、熱気も景品も全てを奪ってみせるわ。



2018081008

良い子は1日1回まで。くっこの・・・! 育樹祭では1日5回もやらせた癖にィ!

いや、やらされたというと語弊があるね。1日5回チャンスが有ったというべきかな。


それがこのゴr・・・サッカーに限っては1日1回限定。つまり運が悪いと全部取れない可能性も。

なんてこと。もし景品が取れなかったら・・・別にいっか。取ってもどうせ倉庫の肥やしだし。