まだ正式から3ヶ月しか経ってないのに、正直モチベーションの低下が著しいです。

Lv30を超えてペリオンまで進出してきたので、その辺のサブクエ消化の続きでもやりますか。


0906_01

もうスカイフォートレスが実装されて1ヶ月が経とうとしている頃にようやく準備スクをコンプ。

0時をまたげば2日分なので、7/31~9/4の1ヶ月超の期間に僅か8日しかインしてないという事に。


8月はお盆休みがあったので仕方ありません。100メロットが無駄にならずに済んで良かったです。

まぁこの抱き枕を使う予定はありませんが。いえオスカルさんなら使うという意味でもないです。


0906_02

ペリオンを歩いていると妙にセクシーなアルケミストのお姉さんから親しげに声をかけられました。

もう完全に面が割れています。地道な救済が轟いてますね。まぁ、それほどでもあるのですが。


他にさしたる楽しみもない田舎者の耳が早いのは承知の上ですが、私はここの住民ではありません。

いくら私が万能の聖女であろうとも、僻地に流れる流言飛語まで把握している必要はないのですけど。


0906_03

なかなか面白い話ですね。石像と言ったその口から、生きていて動くという言葉が続くとは。

まぁファンタジー世界ですから、ガーゴイルのような生物が居ないとも限りません。


しかし、オオカミの石像が動いたからって別に何かしらの実害があるわけでもないのでしょう。

石像さんもずっと同じポーズで疲れてるんです。たまにハメを外してる所くらい見逃しましょう。


0906_04

結果には必ず原因があります。石像が動くとは、なるほど。可動式の蓋だったわけですね。

つまりそれが生きているとは、経験が生きる、と同じで「機能している」という意味だったのです。


あたかも石像が自在に動くように誤解してしまいましたが、これは確かに生きているし動きます。

言葉のマジックにやられましたね。まぁ良いでしょう。ところでコレは何の入口なのでしょうか。


0906_05

どうやら村の倉庫のようですが・・・手がかりはこの丸められたメモだけのようですね。

名探偵ディアーナの華麗なる名推理によれば、これは真相を解決するヒントに違いありません。


0906_06

満月の度に何者かがこの倉庫に忍び込み、メモを残していったようです。

噂はごく最近のものだと思っていたのですが、どうやら発端は5年も前のようです。


いや、このメモ自体、最近書かれたものとも限りません。下手したら数十年物かもしれません。

村の住人であるティナへ相談しようと思いますが、年端も行かぬ少女に何が分かるのでしょうか。


0906_07

と思ったら一発でメモの主を当ててしまいました。流石は田舎、全員顔見知りという事でしょうか。

筆跡鑑定は、筆圧や筆致はもちろん、解析法や偽筆に対する知識も要求される高度な専門技術です。


私は、一度目にした物全てを記憶する瞬間記憶能力者。人呼んで、大鏡見少女のティナ・・・!

なんていう設定があるわけでもなければ博学多識にも見えないので、単に野生の勘でしょうね。


0906_08

トムが満月に忍び込んでくるであろうという予測を元に、倉庫内で待ち伏せです。

大型獣の捕獲罠に紛れ込んでおいたのですが、あっさり見つかってしまいました。


まぁ、見つかりますよね。私自身、何故こんな場所に入ったのかは気の迷いとしか。

隠れ家に侵入されたことが逆鱗に触れたのか、獣(意味深)になって襲いかかる(意味深)トム。


0906_09

・・・殺ってしまいましたね。あろうことか、可哀想なトムくんは謎のお肉になってしまいました。

トムくんも男の子ですから、薄暗い倉庫で檻に入った美少女を見れば理性が飛ぶのも仕方ありません。


しかしこの状況はマズいです。いくら襲ってきたと言っても、既遂の罪は倉庫への不法侵入だけです。

それを殺害して、あまつさえご丁寧に食肉加工したとあっては、猟奇犯罪者の誹りは免れませんよ。


0906_10

仕方ありません。できるだけ現場を元通りに戻してきたものの、何と報告すればよいのか。

まぁ、少なくとも5年は解決してないのですから、現状維持で風化を待つのがベストですね。


トムなんて少年とは会ってないし、もちろん彼の顔写真付きの肉片がバッグに入ってたりもしません。

噂の原因は不明、恐らく隙間風か何かが狼の鳴き声に聞こえたのでしょう。ハイ解決。良いですね?



0906_11

幼い割に色々と目端が利くティナさんは何かを察した様子ですが、現段階では何も言ってきません。

しかし狼の嗅覚は非常に鋭敏です。私に付着したトムの体液を嗅ぎ分けられないはずがありません。


くっ・・・私としたことがとんだ失態を。いっそのこと、この子も殺ってしまいましょうか・・・?

いえ、証拠は何もないのです。短絡的な思考はやめて、さり気なくクールに去ることにしましょう。


0906_12

後ろめたさから報酬を辞退するなんて三流小物の所業です。私は当然ながら遠慮なくいただきます。

早晩、ティナは真相を突き止めにかかるでしょう。一刻も早く自然に立ち去らねばなりません。


折角続けてきた救済の旅を中断するのは痛恨の極みですが、ここは慎重を期すべきですね。

しばらくは大人しくしておきましょう。そうですね、次の大規模アプデ位まででしょうか・・・。