8thのりぐれっとまでLv350に到達してようやく最後、ミラクル可愛いほーてぃちゃんの出番だよ。

ほーてぃちゃん、少し考えました。与ダメはともかく、被ダメをもう少し抑えたいなって。


盾を装備すればいいというのはあるのだけど、熊手を活用するには敵との距離を保つのも大切。

今まではファッターで動きを止めてたのだけど、もっとおあつらえ向きのスキルがあったのです。


2019_1017_01

分身の術! ではなく、シャドウスキルのハルシネーション(上)と、セージスキルのブリンク。

このよく出来たデコイに敵が絡んでる間に熊手で一掃するという素晴らしい戦術。うん、完の璧。


じゃあ早速星の塔に行こう。と言ってもまだレベル319だからね。クエストのレベルももう少し下。

せっかくだから、久々にミシュエカンに行こうかな。紫のモコモコも手に入れておきたいし。


2019_1017_02

歩いてくると大変だけど、何故かピンポイントで飛ばしてくれるポタ屋さんが居て助かるね。

ところでオルラさん、以前から障害物に隠れてたんだっけ? またオブジェクトの透過失敗してる?


当時は凄く面倒なだけのクエストだったけど、今は結構なEXPが貰えるから育成にしても美味しい。

1回でモコモコ出るようになったしね。さて、あとはクラペダのウスカさんに報告してフィニーッsy


2019_1017_03

え、誰、この人?  わたしの知ってるウスカさんはもう少し苦悩が刻まれた顔のはずなんだけど。

もしかしてセージの時空魔法極めすぎて異次元に来ちゃったのかしら。いや、別人とは限らないか。


よく見たら顔の向きが違うだけかも。角度が違うだけでこんなに印象が変わって見えるのねー。

って、そんなわけないでしょ。初代はきっと過労死でもしたのね。私は多分3人目だと思うわ。


2019_1017_04

すごい数に群がられてるネリンガさんとわたし。だるまさんがころんだやってる訳じゃないのよ。

ネリンガさんは先に行ってしまったので、わたしが一人ボコられたのは言うまでもない。酷いヨォ。


もちろん後で一匹残らず駆逐してやったんだけど。アゴニーさんは出鼻を潰されるのが欠点ね。

あ、こういう時のためにブリンクとかハルシネーション取ったのに、完全に使うの忘れてた。


2019_1017_05

防衛型のクエって、最近は結構ユルいのが多いよね。ステラさんの護衛クエで相当叩かれたのかな。

今回のはオブジェクトは破壊されないけど、モンスターが到達すると進行度が止まるっていう。


倒さず放っておくとどうなるんだろうって思ったら、びっしり。なんかもう害虫ホイホイみたいな。

ちょっと気持ち悪い。メテオがあれば落としたい。でもメテオはないから、アレで一網打尽にしよ。


2019_1017_06

デーモンスクラッチでズルズル引っ張られながら木っ端微塵にされる可哀想なモンスター達。

あーやばい、これ楽しい。中々熊手をクリーンヒットさせる機会がないから、凄いストレス解消。


あんまり詳しく無いんだけど、守護水晶のヘイトが高かったからこっちにタゲが来なかったんだよね。

つまりこの守護水晶のようにタゲを持てる分身体を召喚すれば、いつでもこの快感を得られる訳ね。


2019_1017_07

って、全然見向きもしないんですけど! ブリンクでも結果は同じ。完全に本体識別されてるよ。

一発殴ってブリンクすると上手く分身にタゲが移ったように見えたけど。本体が動くとタゲが戻る。


う~ん、使い方にコツが有るのかな? とりあえず今は普通にやってもダミーにタゲが飛ばないね。

まぁ、おいおい研究していこう。別に熊手使わなくても問題ないし、ただの緊急避難でもおけまる。


2019_1017_08

幻想図書館が終わって時点で、Lv342。一気に23Lvもあがったけど、まだLv350に届かないね。

シャドウもウォも350を超えないと有用な特性が使えない。セージは350超えても有用な特性はない。


いや複製とか便利なのはあるけど。わたしのウィザード偏差値ではいまいち活かしきれないというか。

単純に威力が2倍だドン! みたいな、うぅ~いでも分かる感じにしてくれないと困っちゃうナー。