トレードで小銭を稼いで以来、すっかり商売に目覚めたカタリナさん。貴族のプライドも何のその。

このままでは、どっかの頭がおかしい教授のような独身貴族になる未来しか。早く使命を思い出して。


rs3_011_01

フルブライトが居るウィルミントンへは金・・・もとい船を使うしか無いのよね。まぁ仕方ない。

どのみち今出現してないリブロフやバンガード、グレートアーチも結局商売で行くことになるし。


資金に乏しい序盤なら吐いてる所だけど、今はトレードの成功報酬で懐はかなり潤ってるからね。

今からもっと稼ぎに行くのだから、必要経費だと割り切ってのんびりと船旅を楽しみましょう。


rs3_011_02

というわけで、フルブライトさんが待っているはずのウィルミントンへとやってきたのだけど・・・。

世界一の商会を擁している割には、キドラントの村とタメを張れるくらい小さい町なんですけど?? 


まぁ、スタンレーに比べれば小綺麗にしてる感はあるかな。街の名所は中心に木が生えた広場だけ。

いえ、街の広さはともかく、きっとフルブライトさんはお城と見紛うような豪邸に住んでいるはず。


rs3_011_03

洗練されているのは町並みだけじゃなくて、品揃えもスマート。もちろん獣の皮なんて売ってない。

流石に鎧系は雷には強くないものの、この頭なんて打撃に強くて暗闇も防げてコスパが良さそう。


今ならお金に余裕があるし、新しい防具は欲しいなぁ。って思ったけど、やっぱ、ダメ、ダメ。

工房で開発したり、宝箱で拾ったりしたら結局余らせちゃうから。お金が勿体ないって泣く羽目に。


rs3_011_04

・・・は? え?? 平屋のお店の奥にある部屋に居るのは・・・フルブライトさん? 嘘でしょ。

まさかここがフルブライト商会の本家だっていうの。いや別に本店の広さで決まるわけじゃないけど。


宮廷に匹敵するどころか、お店部分を足してもピドナにあるトーマスくん家よりも狭いじゃないの。

質実剛健、といえば聞こえは良いけど、羽振りよく見せるのも商人のエチケットだと思うんですけど。


rs3_011_05

まぁ、良い街なのは認める。でもまさか、ヤーマスよりこじんまりしているとは思わなかったよね。

街の人も噂してたよ。最近はパッとしないって。ピドナにちょっかい出してる暇はないんじゃないの。


いや分かったわ。自助努力が限界だからライバル勢を削ぐ名目でクラウディウスを囲おうって訳ね。

商売ってのはパイの奪い合いだ。敵に取られるくらいならいっそ仲間に食わせる方がマシって考え。


rs3_011_06

さぁ、伝統と格式に基づき聖王様時代から続く老舗、フルブライト商会の頼みとはいかなるものか。

目下のところ、最大のライバルはヤーマスのドフォーレ。要注意なのがリブロフのラザイエフ辺りか。


クラウディウス家を凋落させ、ピドナで幅を利かせているルードヴィッヒはそのリブロフの出自。

普通に考えれば、クレメンス様を暗殺したと思しきルードヴィッヒの資金源を叩きに行くのが筋ね。


rs3_011_07

いや話が全然違う方向に行ったわ。そうね。フルブライトさんは商売人だから仇討ちとかNGよね。

クラウディウス家を奈落から引き上げたのは、あくまでビジネスの為であって自分の所の利益が第一。


もう手助けは済んだから、今度は本家の為にヤバい取引を行っているドフォーレを潰してこい、と。

それは商売人としてはこの上なく正しい。だけど、あなたが飼ったのは躾の良い子犬じゃないのよ。


rs3_011_08

ドフォーレを潰せるほどの実力があれば、フルブライト商会も安泰とは言えないんじゃないかしら。

それとも飼い犬には手を噛まれないとでも。まぁ今は確かにムリだわ。手数料だけで資金が吹っ飛ぶ。


まずはもう少し経済力をつけるのが先ね。その過程でリブロフのラザイエフ商会を取り込めばいいか。

ドフォーレを潰す頃にはフルブライト傘下の会社とカタリナ傘下の会社で二分してるくらいが理想ね。


rs3_011_09

理由は分からないんだけど、エージェントの姿が様々で探すのに苦労するのよね。スパイかっての。

工房の職人を見習いなさいよ。おかげで色んな情報を収集出来ているっていう側面もあるのだけど。


リブロフから東、ロアーヌから言えば南のタフターン山脈を挟んで西側がジャングル。東が砂漠。

砂漠には元々ナジュ王国ってのがあったらしいけど、神王教団に滅ぼされてここに移住した人も多い。


rs3_011_10

一見平穏な街も、神王教団とナジュ国民という反発し合う爆弾を抱えていると思うと近寄りがたい。

相場が200万とか簡単に奪えそうな気はするけど、まだこっちは世界ランク10位だからね。


奪ってもすぐ奪い返されたら意味がない。世界ランク一桁を相手にするにはもう少し力を付けたい所。

もっと単独で商売してる物件があればよかったんだけど、みんなラザイエフの息がかかってるわね。


rs3_011_11

マップには新たにナジュ砂漠が出現。砂漠を抜ければ神王教団の本拠地に行けるけど、そこも強敵。

ムハンマド貿易も一桁ランクで渡り合うには荷が重い。うーん、既存の街は殆ど開拓しちゃったし。


あとはまだ行ってない街で商売を広げるしか無いわ。船で行けるのはバンガードとグレートアーチ。

グレートアーチは1000オーラムも掛かるので、先にバンガード方面から攻めることにしましょう。


rs3_011_12

しかしバンガードはマッキントッシュ海運のテリトリー。簡単に潰せるような小さい会社じゃない。

もっとこう、北に多かった、その地域で地道な商売してるだけのチョロい物件がほしいんだけど。


諦めてバンガード内をうろついてると新たな街情報をゲット。内紛状態ってリブロフより更に悪いし。

まあ、とりあえず行ってみましょう。そろそろ多少のリスクは覚悟しても買収を仕掛けるしかないか。


rs3_011_13

モウゼスは河口にある上下に隔てられた街。ちなみにバンガードは北。東にあるのがウィルミントン。

ピドナから見ればバンガードもウィルミントンも変わらないのに、何故か渡航費は倍以上違うのよね。


物流も盛んでメジャーな路線のウィルミントンは安くて、そうじゃないバンガードは高いって事か。

そういう意味ではモウゼスも世界の中心から外れているので、意外と狙い目なのかもしれないわ。


rs3_011_14

エージェントを探し回ってるうちに、自然と二分されたモウゼスの内紛事情にも詳しくなっていく。

北は玄武術士のウンディーネ、南は朱雀術士のボルカノがいて、その二人が対立しているのだとか。


対立の理由が知りたいけど、得られた情報はウンディーネが意外と年増で美少年好きって事くらい。

果たしてそれが何の役に立つかは分からないけど、人によって価値が変わるのが情報ってものよ。


rs3_011_15

普段は倉庫番のエージェントを捕まえた。思った通り、こっちは大手の息が掛かってない弱小会社。

相場はちょっと高いけど、グループ技で2000万くらいは軽く出せるカタリナさんの敵じゃないわ。


ガーターキャラバンが相場約1200万とかいうそこそこ高い物件だったけど、グループ技で一撃ね。

今回はフルブライト商会と同盟を組んでるけど、資金を要求しても雀の涙なので自力でやりくり。


rs3_011_16

モウゼスの物件買い占め成功。別に買い占めたからって収益が2倍に上がったりしない? あ、そう。

まぁ良いわ。遂に世界で5本の指に入るほどに成長したカタリナカンパニー。でもそこから上が遠い。


さて、商売も一区切り付いた事だし。気分転換にモウゼスの内紛案件に首を突っ込んでみようかな。

古今東西、街を壁で仕切ったり、境界線を引いた例は枚挙に暇がない。ここは川で区切ってあるのね。


rs3_011_17

北から南へ向かう通路は封鎖中。ま、一旦外に出れば行き来は自由だけど、街の人は困るでしょう。

道を封鎖している人が術士っぽい格好をしている所を見ると、ウンディーネさんの差し金に違いない。


とりあえず、お話を聞いてみるとしましょう。てか、ただの通行禁止なら看板でもおけば良いのに。

術の勉強しに来た弟子を一日中外に立たせっぱなしにしておくとか、極悪非道としか言いようがない。


rs3_011_18

ここがあの女のハウスね。確かに若い男の子特有のエネルギッシュなスメルが立ち込めてるわね。

ウンディーネさんの居場所を聞いてみようと思ったら、問答無用で襲いかかってきたんだけど。


いくらカタリナさんが理性を失うほど魅力的だからといって、女性にがっつくのはマナー違反よ。

ああでも、この子たちウンディーネさんが厳選した美少年って話だったっけ。少しは考えてあげてm


rs3_011_19

う~ん。有りよりの・・・無し! まず、そのわけわからん道化師みたいな靴と帽子がナイわー。

それに見た目も大事だけど、中身はもっと大事。この子達よりゴンちゃんの方が絶対いい子だし。


じゃ、厳正なジャッジも済ませた所で、単に襲いかかってきた暴漢として処理してしまいましょう。

ウンディーネさんは悲しむだろうけど、大丈夫。遺髪位は残してあげるから。何なら血痕も残るよ。


rs3_011_20

軽く捻り潰して、これからすり身にして食っちまおう、という所でようやく御大の登場。いや冗談よ。

さすがの私もまだ人間は食べたこと無いから。人に限らず、雑食の動物って肉が臭いって話らしいし。


じゃなくて貴族のカタリナさんは、たとえ飢えたとしても見境なく共食いするような獣とは違うから。

そんな話より今はウンディーネさんよ。こっちの方がよっぽど人を食ってるでしょう。性的な意味で。


rs3_011_21

顔で選んだだけの無能揃いの弟子たちを軽くあしらっただけですり寄ってくるウンディーネさん。

ふーん。流石に賢いわ。でも、カタリナさんは人々が困ってるのを助けに来たロアーヌ貴族なのよ。


たかが一介の術士風情、それも問題の一因であるウンディーネさんが手綱を握れるとは思わない事ね。

どうしても従わせたいっていうんなら、まぁ結果は見えてるけど、あなたが実力を示すしかないけど?


rs3_011_22

あっ、ウンディーネ様の御力、存分に拝見いたしました。ボルカノの件、このカタリナめにお任せを。

恐れ多くもウンディーネ様に逆らった愚か者には目にもの見せてあげますわ、うぇっへへっ・・・!


というわけで少年たち、これからよろしく。で、さっきの事はお互い水に流そうね。玄武術士だけに。

そそ、うちにも優秀な玄武術士がいるのよ。トムっていうんだけど。良かったら、術教えてあげてね。


rs3_011_23

・・・って、玄武術は売ってないんかいっ。あらやだ。カタリナさん思わず突っ込んじゃったわ。

太陽と月、どっちか片方だけなら玄武術と並行して覚えられるけど、両方を同時に覚えるのはムリ。


玄武術が通用しない敵だとトーマス君の出番がなくなるので、どっちかはいずれ欲しいとは思うけど。

どっちがいいかなんて、元来魔力が10しかないカタリナさんが分かるはずがないので、一旦保留。


rs3_011_24

さて、じゃあ目障りなボルカノを轢き殺してウンディーネ様への手土産にするとしましょう。

やっぱ道を塞いでたのは玄武術士だったのね。前金で2000って事は、後金でいくらになるのかしら。


顔パス気取って南に行くつもりが、ずっと外に居た子は事情が分からずキョトンとしてたわ。ハズい。

あっ、そういえばなんでこの子だけ外でガードマンしてるのか聞くの忘れたわ。・・・まぁいいか。