興味本位で関わったモウゼスの南北問題も、カタリナさんにかかれば赤子の手を捻り潰すようなもの。

おかげで意外と強くなったので、魔王殿でお世話になったアレにお礼参りすることにしましょう。


rs3_015_01

相変わらず入り口から既にゴブリンがうろついている魔王殿。よくゴンちゃん無事だったわね。

と思ったけど、そういやただの鍛冶職人やらシノンの農民でもゴブリン程度なら楽勝だったわ。


当然、ロアーヌ貴族としてモニカ姫の側近を務めたカタリナさんが遅れを取る相手ではない。

今回出張ってきた理由は、魔法陣の上に固定された妖精系MOB、蛇女をしばき倒すためよ。


rs3_015_02

いかにも雑魚なゴブリンの中に、ひときわ異彩を放つ邪悪な化け物が。これは・・・ダメでしょ。

こんなん子供に見せたら。軽くトラウマになるわ。いや、性癖? まぁ、嗜好は本人の自由だけど。


にしても、これを拳で叩けるエレンさんには一目置いても良いわ。真似したいとは思わないけど。

そういや死者の井戸でも素手だったわね。それは流石に? まぁやらせたのはカタリナさんですけど。


rs3_015_03

でたでた。蛇女×5。前回は拳で抵抗するどころか逃げるのが精一杯だったけど、今はもう楽勝よ。

数が多いので全体攻撃技主体で、軽くブレードロールで刻みつつ、ヒートウェイブで楽勝ね。


仮に術が効かなかったとしても、蛇女だけにロビンさんのスクリュードライバーでイチコロよ。

後は適当に強スキルブチ込んどけば倒せるでしょう。カタリナさんが手を下すまでもないわ。


rs3_015_04

とか余裕ぶっこいてたらララバイで眠らされる・・・。普通、寝る? 命をかけた殺し合いの最中に。

眠らされては吸血され、さらにライフまでスティールされる。それ前作だとボス級の攻撃なんだけど。


みんな中々起きないし、なかなかララバイを自重しない蛇女のせいで一向に戦闘が終わらない。

もはやスクリュードライバーの刑しかないわ。ていうかロビンさんそろそろ起きて。ロビンさん?


rs3_015_05

冷気とライフスティールでだいぶヤバい感じに冷えたロビンさんの尊い犠牲と引き換えに得た勝利。

いつもはエレンさんがその役割なんだけど、今回の相手は一応、蛇”女”だったから仕方ないね。


スッキリとは行かなかったけれど、一応の雪辱は果たせたわ。これで更に魔王殿深部を荒らせるわね。

盾はモウゼスにあったけど、魔王殿というからには魔王ゆかりの装備が一つくらいあるでしょう。


rs3_015_07

600年が経った今も色彩豊かなステンドグラス。魔王にも美しい物を愛でる心は合ったのかしら。

外して売れば良い金になりそうだけれど、ガラスは取り扱いが要注意だからちょっと難しいわね。


蛇女が守っていた魔法陣は入り口への短縮ワープだったみたい。広すぎるってのも不便よね。

なるべくでっかく作らないと威厳が保てないというバカみたいな概念は今も昔も変わらないけど。


rs3_015_08

ワープ部屋から奥へ進もうとすると、鍵のかかった扉に指輪を要求される。誰の声か知らないけど。

ああそうだ。指輪がないと先に進めないってわけね。ランスにいる聖王家の子孫から貰ってくるかー。


これを使って金儲けする裏技があるんだけど、成金じみた真似はロアーヌ貴族の沽券に関わるから。

別段お金に困るようなこともないし、今回は普通に進むとしましょう。まぁ、いったんは退却ね。


rs3_015_09

帰り道に出会ったプチ悪魔ちゃん。あらーまだまだ子供ね。でもカタリナさんは容赦はしないわ。

悪いけど、害虫に成虫も幼虫もないの。みなすべからくバラすべし。むしろ育つ前に殺すべきよね。


あ、そうだ。ナッツと言えばチョッキだわ。チョッキ・・・どうみてもマッパでしかないんだけど。

分かった。その皮を剥いでチョッキにすれば良いのね。ちょっと可哀想だけど、じゃそういうことで。


rs3_015_10

ってまたララバイで眠らされてるわ。エレンさんとノーラさん。さっきから寝てばっかりじゃないの。

さっさと起きて働きなさいよ。カタリナさんは・・・いいの。別に寝ても覚めても影響なしだから。


くっ・・・思いの外痛い。小さいと言ってもさすがはデビルね。人の弱点を的確に突いてくるわ。

ちなみに落としたのはチョッキじゃなくて術酒。酒って。見た目に反して割とオッサンだったわ。


rs3_015_11

おっ、ついに来たわね。ピドナに戻ると、ねんがんの大剣、フランベルジュが開発候補に出現。

ついこないだイビルアイ作ったばっかりだけど、あまり出番はなかったか。まあ、いいわ。所詮繋ぎ。


フランベルジュは特殊能力はないけど、威力に関しては月下美人、氷の剣に次ぐトップクラスの大剣。

これでようやく眠れるカタリナさんが獅子奮迅の活躍を見せられるってものよ。スキルがアレだけど。


rs3_015_12

いやもう敵もこんな感じで軽くHP4桁超えてるやつが複数出てくるわけよ。バッソじゃ無理っしょ。

素手のエレンさんは別枠として、ノーラさんはバスターアクス、ロビンさんはエストックですよ。


せめて不死なら龍光があるのだけど。与ダメで争えるのはトーマスさんのヒートウェイブくらい。

でもそっちは全体攻撃。武器も弱くて単体攻撃のスマッシュが最強()のカタリナさんは立場がない。


rs3_015_13

その劣勢を覆すのが、ブローヴァやクリスナーガ並の威力を誇るフランベルジュ。攻撃力34。

ちなみに今まで使ってたバスタードソードが17。棍棒(15)に毛が生えた程度のナマクラだったわけ。


それと全体攻撃技は武器固有の退魔神剣とか霧氷剣くらいしかない。これはもうどうしようもない。

まぁ一応地上敵限定だけど地走みたいな範囲攻撃はあるし、流石に役に立たないってことはないわ。


rs3_015_14

武器の方は順調に開発できてきたけど、防具の方はまた希少素材でストップが掛かってる状態に。

そろそろ煮詰まってきたかな。このままじゃ進展がないので本格的に魔王殿を攻略しに行きましょう。


となれば、行き先は例の指輪を要求される扉の奥。当然手つかずのお宝がゴロゴロ眠っているハズ。

まずはランスの当主から指輪を頂くとしましょうか。万が一拒まれれば手首ごと持っていく所存で。


rs3_015_15

カタリナさんたちをひと目見てヤバいと思ったのか、刃物をちらつかせる前から物分かりの良い当主。

ふむ、真に聡いとはこういうことなのかもしれない。さすがは世界を平和に導いた聖王の子孫。


といっても確か聖王自身に子供はおらず、聖王の姉だかの子孫って話だったかな? 忘れたけど。

聖王は体が男性だったが、心は女性だった可能性があるので、独身で指輪持ちでも不思議ではない。


rs3_015_16

妙にあっさり指輪をくれたと思ったら、なんかよくわからないことを言われた。恵比寿が何だって?

ああ、アビスゲートね。そう、魔王殿にあったのね。・・・じゃ、封印解かない方が良くない?


まぁカタリナさんもその辺は詳しくないんだけど、同じランスに居るヨハンネスの兄妹に聞いたわ。

アビスの彼方からどんどん侵食されてるんだっけ。ああ、まぁ見かけたらついでに閉めておくわ。


rs3_015_17

改めて魔王殿の深部へ進むと、またファイナルストライク用の剣が。これで何本目なのよ・・・。

もしかして、カタリナさんのWPなんてファイナルストライクくらいにしか使えないぜって事?


いやいや、スマッシュだって鍛えればもう1段階変身を残しているはず。それで打ち止めだけど。

実を言うとカタリナさん、逆風の太刀や地ずり残月、乱れ雪月花を閃くポテンシャルはあるのよ。


rs3_015_18

同じく、生みの苦しみを味わうエレンさんが久々に稲妻キック以来の閃き。しかも状属性スキル。

ふうん、中々良い技じゃないの。体術はどうしても打属性に強い相手には効きにくい傾向があるし。


rs3_015_19

その分威力はちょっと頼りないけど。ま、短勁は短勁で、また別の派生スキル元にもなるからね。

精進すれば更に強力なスキルを閃くこともあるから、なるべく頑張って早く覚えてほしいところね。


なんて上から目線のカタリナさん、内心かなり焦ってます。だって体術すら全体技があるのよ。

せめて一撃の威力で上回らないとアイデンティティが揺らいでしまう。何か閃いて欲しい・・・!


rs3_015_20

魚鱗を拾った。ふむ。まさかこんな所で拾うとは思ってなかったけど、これで開発が一つ進むか。

アクセサリのままで使ってもいいけど、鎧に加工してもバランスの良い性能だったと思ったわ。


いったん戻ってもいいけど、折角ワープできるようになったんだから奥まで進んでみましょう。

脱出アイテムみたいなのはないけど、戦闘はほぼ確実に逃走できるし避けて移動もできるから大丈夫。


rs3_015_21

短勁に続いて超次元ペルソナまで閃いたエレンさん。たくさん寝たぶん、覚醒したのかしら。

でもおかしいな。同じ分だけ寝てたカタリナさんには何故か変化の兆しが見当たらないのだけど。


ま、ま、まぁ、主、主役はピンチのときこそ輝くものだから、今はまだその時ではないって事ね。

てかこんなに閃かないものなのね。そろそろ大剣使うのやめて剣使ったほうが良いのかしら・・・。