RPGでの体力回復と言えば宿が定番だが、TOSには宿どころかホスピタリティという概念は存在しない。

啓示者の休息と言えば、焚き火だ。釣った魚を焼いて食う事もある。いや、いつの時代の浮浪者だよ。


2020_0521_01

やぁ。僕の名前はぴーす。見ての通り、スカウトさ。と言っても、戦闘タイプじゃない。

僕は平和主義者でね。道具を手入れしたり、料理を作れるスクワイアを目指しているんだ。


うちのファミリーはみんな装備が貧弱だからね。どうせなら僕の料理で少しでも補おうってワケ。

だからそんなにガッツリやらないし、ましてや世界を救うなんてだいそれた事考えたこともないよ。


2020_0521_02

といっても、スクワイアレベルを上げきるまでは頑張らないとな。メインクエでも進めよう。

NPCが居ても容赦なく足元に生えるルーツクリスタル。良いね。野生のたくましさは見習わないと。


次に見たときには更にもう一つ生えて、三位一体で浮いてたよ。植物の生命力には驚かされるね。

流石に取り込まれるのは可哀想なので破壊して救出しておいたよ。案外ルーツの正体は人間かもな。


2020_0521_03

クラペダに辿り着く前にスクワイアへ転職。順調だ。このLvだと一撃殴るだけで殆ど死ぬからな。

レベリングを考えるともう少し戦える算段を付けた方が良かったかも知れないが、まぁ大丈夫さ。


スカウトだから、Lv1から使える上に成長さえするレイワピストルとかいうチート武器もあるしな。

だが銃キャラは既にはっぴーやぺいんがいるから、僕はあえて短剣キャラで行こう。短剣、良いだろ?


2020_0521_04

スクワイアのスキルポイントは無駄遣いできないので、スカウトのスキルで戦わないといけない。

フリーステップ5は確定して、ダブルアタックはとりあえず1でいいだろう。基本攻撃しないしな。


クローキングも5を取って、残りはダガースラッシュだ。ハイド状態からのスラッシュ。しびれるぜ。

通常攻撃だけだとすぐ飽きるからな。係数も悪くないし、アクティブスキルがあることは良いことだ。


2020_0521_05

クラペダに着いたらまずはウスカ騎士団長にご挨拶・・・ではなく、ビューティショップへ直行。

別に掛けたTPが愛情の差ってわけじゃないんだけど、一応、ファミリー全員お金掛かってるし。


たとえキャンプ要員だとしても、それはTPを使わない理由にはならない。むしろ褐色は初ジャンル。

色々と試してみたいと思うのも不思議ではないさ。色が濃すぎるとバラックで浮くってのもあるけど。


2020_0521_06

やっぱり鍛冶屋だし、さっぱりした髪型の方がそれっぽいだろう? 逆毛もジーマーでかっこいいよ。

というか褐色肌に白髪の組み合わせは実に素晴らしい。スカウトにしては逆に目立つ気はするな。


鍛冶屋の肌が焼けてなかったらむしろおかしいだろ? いやまぁ、スクワイヤ=鍛冶屋ではないけど。

逆毛もいいけど、こっちも良いな。それと肌の色もいじりたいし、瞳の色も合わせて、よし決めた。


2020_0521_07

って、Lv15にならないと変更はできないんだな。そうか。まぁ、ルールなら仕方がないな。

あまり早く変更しすぎて、いざ転職したら想定してたイメージと変わったりしたら困るからな。


まぁ僕は鍛冶屋一択だから、これ以上変更のしようもないし、ささっとレベルを上げてこよう。

職人も腕だけじゃなくて身だしなみも求められる時代だよ。一流の職人は身だしなみも一流さ。


2020_0521_08

スライトウェービー(37TP)、スキン6(54TP)、コンタクト黒(49TP)でしめて140TP。

どうだい、結構変わるだろ? これじゃ偵察のスカウトというより、夜のスカウトみたいだけど。


職人の世界も顧客受けは大事だからな。腕が一流でも身だしなみが三流なら、評価は三流になる。

身内相手でも妥協は禁物さ。これで心置きなく修行に励める。戦いは好まないが、人生何事も経験だ。