ジャングルをさまよった末に妖精の村へ辿り着いたが、一服盛られて村の外に捨てられるカタリナさん。

うふふ、カタリナさんともあろうものが油断したわ。愛らしい外見をしてても所詮は虫けらって訳ね。


rs3_029_01

妖精は四魔貴族アウナスの居城、火術要塞へたどり着くためにはチョウを追えば良いと教えてくれる。

ただし何色のチョウを追うのかは、てんでバラバラ。人を騙して喜ぶ悪性のモンスターらしいわね。


だけどカタリナさんを甘く見ないことね。正解を言うはずがない=言わなかった色が正解って事よね。

全員からハズレを聞き回ってたら、最上階の妖精からアタリを教えて貰った。あぁ、貴方あの時の。


rs3_029_02

正解の色のチョウを教えてもらったはずが、何故か辿り着いたのはスタート地点のアケの村だった。

まさかまた騙され・・・いや、よく考えたら殆ど正解のチョウ居ないからって適当に進んでたわ。


ダッシュで飛び越える小川とか背景に見える切り替え地点とか、明るすぎて逆に見づらいのよね。

今度は慎重に正解の色のチョウだけを追って行きましょう。スタート地点からなら間違いないはず。


rs3_029_03

ちゃんと着いたわ。正解を教えてくれた妖精さんに免じて村を焼き払うのは勘弁してあげましょう。

さて、ここからが本番ね。既にアラケス、フォルネウス、ビューネイはアビスに叩き返してやった。


残るはこの火術要塞に潜むアウナスのみ。だけど、アウナスって別に何も悪い事してなくない?

実際に街を襲ったビューネイやフォルネウスは残当。アラケスは宝探しのついでに殺ったんだっけ。


rs3_029_04

さすが僻地。箱を開けたら中から獣の革が出てくるレベル。折角ならもう少し良いのにしなさいよ。

ああ、アウナスはどう考えても朱雀属性だから、こういうので属性耐性を上げるのは悪くないわ。


ちなみに他の宝箱には普通にオーラムも入ってた。こんな所で何に使えるのかは知らないけど。

せめて平地なら行商が来る可能性もあるけど、ジャングルの奥地じゃそもそも人が住んでない訳で。


rs3_029_05

それにしても随分と高度な建築技術が使われているわね。単純な美しさなら海底宮が一番だけど。

建築美はこの火術要塞が圧倒的ね。魔王殿は600年前ならともかく、今はただの廃墟でしか無いし。


唯一、女性型であるビューネイの住処はもはや人工物すら見当たらないただの山。論外もいいとこ。

鳥は空を飛ぶのにできるだけ自重を軽くするそうだけど、ビューネイも頭のウェイトは軽そうね。


rs3_029_06

地獄の番犬、ケルベロス。なるほど、この火術要塞は地獄がテーマなのね。ますます気に入ったわ。

ところどころ炎が吹き出す所は頂けないけど、アウナスの首をはねたらここを別荘にしましょう。


常夏の観光地と言えばグレートアーチだけど、あれは一般庶民用でロアーヌ貴族には相応しくない。

人里離れた別荘で、鳥の歌を聞きながら、太陽とともに寝起きする優雅なひととき。良いわね。


rs3_029_07

とか一瞬の夢想のうちにケルベロス死んでた。カタリナさん強すぎ? むしろ地獄の番犬弱すぎ。

よく見たら凄い痩せてたし。こんな所じゃろくにエサもなくて衰弱しきってたんでしょうね。


番犬って言っても本当に犬じゃないから、何食べるのかは知らないけど。犬だったら良かったのにね。

そこら中に骸骨うろついてるし。なんで? と思ったけど食物連鎖を考えて配置されてたのかしら。


rs3_029_08

ケルベロスが守っていたのは、ナイチンゲール! 白衣の天使の語源にもなった偉人の名を持つ小剣。

これは良いものを手に入れたわ。ミカエル様は生命の杖をお持ちなのでパワーヒールを習得済み。


ただ生命の杖は棍棒で、かつ魔力に依存するため小剣がお得意なミカエル様にはベストではない。

そこで生命の杖の小剣版、ナイチンゲールはまさにミカエル様の為の武器。是非突いて欲しいわ。


rs3_029_09

ナースヒール。名前は白虎術のアースヒールと似ているけど、性能的には太陽術の再生光に近い。

低消費でHPを回復させつつ、いろんな状態異常も治せるという、珍しくイイトコどりの強スキル。


これでカタリナさんが生命の杖を持てば、実質全員何かしらの回復手段を持っていることになる。

エレンさんは自分限定の集気法だから、どっちにしろ傷薬は持たせておかないといけないけどね。


rs3_029_10

中ボス、パイロヒドラ。どうもここの主のアウナスは頭がいっぱい付いてる種がお好みらしいわね。

明らかな異形はそれだけで迫害の対象となる。そんな子たちと密林に楽園を築いてスローライフ中。


そう考えるとアウナスってそんなに悪いやつじゃない気がしてきたわ。多分人間は嫌いだと思うけど。

四魔貴族だからって問答無用でぶっ殺すのは気品に欠けるわ。でもヒドラは殺す。さて、話し合いでも


rs3_029_11

・・・!? え、何? えーっと、サラさんだったかしら。エレンさんの妹君の。あと一人は誰?

っていうか、アウナス、あなたもやっぱり極悪じゃないの。まさかこんな僻地に人を攫ってくるとか。


アケで聞いた人攫いの話はジャッカルの仕業ってことになってたけど、実はあなたが黒幕だったのね。

しかも、こんないたいけな子供を攫ってくるなんて。この変態。ロリコンに付ける薬はない。死ね!


rs3_029_12

既に臨戦態勢だったらしく、不自然な炎に包まれた裸身の男。お楽しみの時間を邪魔して悪いわね。

なおSTEAM版では炎が消えます、なんていう特典はないわ。良い子のロマンシングサガ3だもの。


それにしても世界最高峰の安全地帯であろうピドナにいたサラさんが、何でこんな所にいるのかしら。

トーマスさんが出かけて寂しい所を隣の少年に連れ出された? まさかそれ、カタリナさんのせい? 


rs3_029_13

まぁ、最終的にアウナスが拉致って来たのは間違いない。流石に2人だけで辿り着くのは無理だもの。

サクッと締めて救出するついでに話をしましょうか。もう少し平和的な話を望んでいたんだけれど。


攻撃するとセルフバーニングで反撃するのね。忘れてたわ。カタリナさんは分身剣だから良いけど。

トーマスさんは玄武術だから良いとして、他の3人は困ったわね。まぁその都度回復すれば良いかな。


rs3_029_14

って、死神の鎌で即死攻撃してくるのね。これは思わぬ誤算。しかも地相を変える前に速攻だったわ。

地相回復ではフォルネウス、ゴリ押し戦法はビューネイ戦で痛い目にあっている。作戦、命大事に。


カタリナさんは攻撃を継続するとして、ノーラさん、ミカエル様で回復。エレンさんは自己修復。

トーマスさんを起こせれば3人回復の2人攻撃ね。どれだけ強くなっても四魔貴族って強敵なのね。


rs3_029_15

起こせない・・・ノーラさんが魅了されてむしろ悪化してしまった。ファイアーウォールが厄介。

それ以外にも烈風剣にヒートウェイブと、とにかく起こさないとLPがどんどん削られてしまう。


一人でも沈むと圧倒的に状況が不利になる。今更だけどちゃんと耐熱装備させておけば良かったわね。

必死に回復で凌ぐものの、このまま全体攻撃を食らい続ければ全滅は必至。みんな、何とか耐えて!


rs3_029_16

ようやくトーマスさんを起こせたわ。代わりにカタリナさんがスヤァしちゃたけど。一旦攻撃中止。

それぞれが自分を回復して、ノーラさんは操作出来ないから回復するより一度死んだほうが早いわ。


後は一人ずつ回復を集中して起こしていく。5人全員が立ち上がって、地相が玄武なら勝ったも同然。

カタリナさんの分身剣とトーマスさんのサンダークラップで玄武相を固定しつつ撃破。今回も楽勝ね。


rs3_029_17

もう一回死神のカマをもらってトーマスさんは突っ伏してるけど。まだLP残ってたかしら・・・?

あ、そうだ。なんで拉致ってきたのかとか色々事情を聞くはずが。普通にぶっ殺しちゃったわね。


まぁ、それはサラさんと謎の少年にでも聞けば良いか。とりあえずこれでアビスゲートも4つ目。

もう向こうからちょっかい掛けてくることは無いでしょう。平和になってめでたしめでたし。


rs3_029_18

って、まだ生きてるの。早く逝きなさいよ。というか宿命の子って何の話よ。まさか、サラさんが?

300年に一度の死食で生き残るとかいう。で、重ねて問うけど隣の少年は何なの。そっちも宿命の子?


だとおかしいか。魔王が生まれた600年前も、聖王が生まれた300年前も、生きのこったのは唯一人。

サラさんの口ぶりだとだと、二人とも宿命の子、って感じだけど。今度の神王はまさかの立候補制?


rs3_029_19

アビスゲートを閉じるのは私の役目、そう言ってサラさんは少年をゲートから遠ざけ、別れを告げる。

いやそんな名前を呼び捨てするほど親密だった記憶はないけれど、そこに突っ込むのは野暮ってモン。


あのー、ちなみに実姉のエレンさんと、ただならぬ関係だったらしいトーマスさんも居るんですけど。

そっちには特にコメントなし? エレンさんもトーマスさんもお互い無言。冷え切った関係なのね。


rs3_029_20

閉じゆくアビスゲートの向こうへ消えるサラさん。ここに来て唐突な急展開をぶっこんできたわね。

マスカレイドも取り戻したし、アビスゲートも閉じたしでロアーヌ凱旋する気満々だったのだけど。


しかもこれは最後、4つ目のアビスゲート。つまりこっちの世界とアビスを繋ぐ手段はもう無い。

もう、永遠にサラさんと再会することは出来ないのだろうか。それに宿命の子とは、一体・・・。