翻訳のせいでもあるのだろうが、基本的にTOSのスキル効果は意味が分かりにくい。仕様変更時は特に。

先日、アブレ・メリンカードを入手したが、何だ、チャッパーの下位互換程度か、と思ったものだ。


06_80_01

カードを外したことがなかったから知らなかったのですが、20k払えばノーペナルティなんですね。

この程度なら付け外ししてもさしたる損失ではありませんし、むしろ検証結果によっては安い物です。


メリンcの効果が及ぶ範囲は、FBの他にもFW、FP、プロミ、ヘルブレ。フレのクロスファイア。

鷹のトマホーク、インクの火刑、プレドクのインシネ、ジロのイモレ、RDTの火炎瓶だそうです。


06_80_02

とにかくデバフが付けば良いそうです。まずヘルブレスですが、途中で追加ダメのデバフが付きます。

そのため最初は85kほどでしたが、途中から134kに伸びました。追加ダメージ結構大きいですね。


ぶっちゃけこの瞬間までデバフが付く事を知りませんでした。大丈夫なのでしょうかこの検証は。

まぁ「確率で炎属性の追加ダメージを受けます」が即「炎状態異常」に結びつく人は天才ですが。


06_80_03

カードを外すと、デバフ前の与ダメは変わらず、デバフ後のダメージが115kまで減ってしまいました。

その差、約18k。どう見ても3割増には程遠いので、もっと前の段階で掛かってるんでしょうね。


これはコレで良いのですが、ヘルブレスのデバフを付けたまま別の攻撃をするのは難しいですね。

それにデバフが付くのも確率ですし。チャッパーcの使い勝手を考えれば、100%即発動が望ましい。


06_80_04

であればこれはどうでしょう、ファイアウォールなら炎属性抵抗ダウンのデバフが付与されます。

Lv1なので威力はちょっと人目をはばかるものがありますが、カード付きで23k,27kの与ダメです。


デバフが掛かると金色に光るのですが、何故か1発めにデバフが乗らない場合があるみたいです。

まぁその方が分かりやすくて良いですね。これならFWを当てた後に追撃でダメージUPが可能なはず。


06_80_05

カードを外すと、やはり23276ダメージ。明らかにデバフが与ダメを上げています。これは使えそう。

でもFWって元々、炎属性抵抗弱体デバフなんですよね。デバフが掛かれば与ダメが増えるのは当然。


かといってダストやヘイルまで使って与ダメの違いを調べるほど几帳面な性格はしていませんので。

まぁカードの効果ってことで間違いないでしょう、多分。さて、次は本命のファイアピラーです。


06_80_06

カードなしでピラーを当て、そこにメテオに見立てたファイアボールをぶち込んだものです。

本当にメテオうつとデバフ関係なしに死んじゃいますからね。OverKillじゃ意味がありませんし。


少々見づらくて申し訳ないのですが、ピラーのダメージが約103k、ファイアボールが約488kですね。

ピラーの説明文にはデバフを付与する旨の記述は見当たりませんが、拘束する所を見ると期待大です。


06_80_07

カード込みでピラーが約124k、ファイアボールは約600kまで上昇しました。これはやりましたね。

デバフを付けられれば有意に威力が上がるということは、FG以外でメテオの威力が上がるという事。


もうこれで石化が効かなくても、FGが乗らなくても、ピラーかFWを当てておけばメテオの威力UP。

チャッパーの下位互換なんてとんでもない。パイロはこれ一択。他職だと微妙かもしれませんが。


06_80_08

あ、一応プロミネンスにも乗るということでしたが、アーツ化してる場合はデバフが付きません。

そのため、カードをつけようがつけまいが威力は変わらないようです。まぁ仕方ないですね。


アーツを解除してまで使うくらいなら、FWとピラーで充分ですし。FW、切らなくて良かったです。

与ダメが微妙だなぁとは思ってましたが、これからデバフスキルとして活躍してくれそうですね。