ときはのにっき。

オンラインゲーム日記。Tree of Savior(TOS)など。 基本的にネタバレ全開です。

TOS

神の使いが舞い降りたとばかりに熱い視線を送ってくる修道院長。やめろ、ここを衆道院に改名する気か。
手伝いはするが、今こそ院長自ら立ち上がる時。チームバトルリーグに心を踊らせている場合ではない。

 続きを読む

司祭ドミニカスは啓示者に特別なものを感じ、重要な儀式で直々に祝福とやらを授けてくれるらしい。
上等だ。貴様の信仰心とやらを試してやるとしよう。この啓示者様に対して、司祭風情に何ができる。

 続きを読む

適当に進んでるお陰で話に脈絡がない。しかしこれはこれでオムニバス形式だと思えばそれも一つの趣だ。
問題は内容を全く覚えていない事だが、サブで復習するから平気平気。まぁサブは今殆どクエやってないけど。

 続きを読む

人には分相応というものがある。啓示者となった以上、お花屋さんとかパン屋さんになることは出来ない。
生けるのは魔族の骨、焼くのは災厄の植物。呪われた宿命に屈せず、血と汗にまみれても強く生きていく。 

 続きを読む

フェディミアンの道具屋さんで要らない物を処分している時、解毒剤の文字が目に入り唐突に思い出したのです。
そうだ。何か忘れている気がすると思ったら、毒で死にかけてるNPCに薬を作ってる最中だったのだ。うっかり。

 続きを読む

錬金術師と言いながら怪しげな悪魔やペンギンを引き連れ、救済と称して汚物を消毒して回るだけの人生。
かつての人の役に立つ物、後世に名を残す物を創りたい、そんな純粋な思いは今や炭のように黒ずんでいる。

 続きを読む

今度はPTに人気のアレメテに来てみました。ソロで。いやクエが目的だし。ソロでも余裕だし。余裕だし・・・。
雪原の方は単純に食料がなかったが、こっちは逆に食べられないもので溢れている。美味しそうな分余計辛い。

 続きを読む

ストーガスの連中はあれで何とか上手く生きていきそうだ。が、気になるのは連絡兵が届けるはずだった書信。
急ぎの連絡だと言っていた。ということは、次に行くメサパスラでは何か大変なことが起きているに違いない。

 続きを読む

吹雪に打ち震える体を別の意味で心底凍りつかせたペダ高原。味があって実によろしい。色んな意味で。
極限状態は時に人を狂わせる。だがそれを非難する権利は誰にも無い。守るべきは命か。それとも人の心か。




 続きを読む

↑このページのトップヘ