ときはのにっき。

ゲーム日記。Tree of Savior(ToS)、Maple Story2、Tales Weaver、Steamゲームなど。 基本的にネタバレ全開です。

1st まじかる

魔王は、魔族の王だけあってとても強い。それこそ女神でも1on1で戦うのは避けたいくらいだ。

啓示者が軽くあしらえるのは魔将クラスが限界。故にリディア・シャッフェンの偉業が際立つのだが。


ターネットで対峙した魔王ジェスティは、祭壇と聖具の力を借りて辛うじて追い返したに過ぎない。

聖具も祭壇もなければ、むしろ足手まといしか居ないこの状況で魔王と遭遇するのは非常に危険だ。


続きを読む

後に悔いると書いて、後悔と読む。不意に訪れた不幸ならまだしも、この事態は避けられた未来だ。

過ぎた過去はもうどうすることも出来ない。だが、未来なら今からでも変えられるのではないか。


運命と予知を司る姉妹に言わせれば、それすらも結末が定められたシナリオなのかも知れない。

抗うことさえ無駄かも知れないが、何もしなければ未来が変わる可能性さえなくなってしまう。


続きを読む

今回からネクソン版TOSの日記は終了し、新たにIMC版TOSの日記を開始します。

しかし移行するとは言っても、当然のように万事つつがなく完了させるという約束はしてないわけで。


キャラとサーバーが一致しないとか手続きが進まず堂々巡りとか、次々と報告されるトラブルの数々。

そんな中で、意識低い系のときはさんは無事キャラデータ移行はできるのでしょうか。


続きを読む

IMC公式情報によると、1月にはアーツシステムを含むいくつかのアップデートを予定しているようだ。

むろん、我々啓示者は大口を開けて餌が運ばれてくる雛のごとく、ピーチク囀りながら待機する日々。


しかしまぁ、サーバー移行という一大イベントも終わったことだし。そろそろカンストを目指そう。

当然最初は1stのまじかるだ。ケミという生産職でありながらソサネクで特に問題なく戦えているし。


続きを読む

レジェンドカードの件は一旦置いといて、ダリア転生には個人的に大きいイベントがもう一つある。

久しぶりのギルド加入の件だ。残念ながらギルド自体はまだ転入手続きが終わっていないのだが。


フレもギルドも一切接続がなく、システムやシャウトもフィルタ済で1行も記されないのが常の会話窓。

いつもMAP移動したら最初にESCを2回押して消されるのが常だった会話窓。これからは忙しくなるぞ。


続きを読む

現在1stのケミはLv395。現カンストの420まであと25レベルだが、クエストはほぼ消化している。

未使用のLv14EXPカードなら300枚ほどあるが、おそらくカンストには全然足りないだろう。


再びプレニウム狩りで外壁10区に戻ってもいいが、レベリングにはもう少し密度が高い方が望ましい。

となると結局、あそこしかないんだな。狩れるかどうかは、行ってみない事には何とも言えないが。


続きを読む

最近、重くない時間を狙って朝TOSしてるんだけど、朝4時とかでも普通に動いてる人いるね。

**時代に比べればクラペダのカクつきは減ったけど、それでもたまにラグったりするし。


まぁ、人が多いのは良い事だ。移行鯖だけにレベリング狩場はそれほど混まないしトラブルもない。

シャウトがちょっと賑やかなのもMMOらしさがあって良いね。いやブロックしないとは言ってない。


続きを読む

今更真面目にレベル上げを始めた1st。武器をレジェンドに更新し、メインスキルのオベイも強化100。

カードとかアクセとか改善点はまだまだ多いが、少なくともイレディアン程度なら瞬殺出来る。


ただでさえレベルが上がるのも速いのに、ドロップも豊富で狩りが楽しいのでモチベも上々。

まぁ問題はプレイ時間だが、早朝の人が居ない時間を使い高効率化。いよいよLv400が近い。


続きを読む

レベル400を達成し、念願のセビノスデビューを果たした。さて、じゃあ次は何をするべきか。

個人的な希望としてはこのまま390FDに永久就職もやぶさかではないのだが、流石にワンパが過ぎる。


せっかく強くなったのだから、いつもは完全にスルーしているコンテンツで遊んでみるのもいいか。

たまにはサルラス修道院でも救ってやろう。さらなる強化を遂げるためには、祝福の欠片は必須だし。


続きを読む

TOSがネクソンからIMCに移行になって個人的に良くなったと思うのが、Steamのログイン認証。

スマホでのワンパス認証はセキュリティ的には安全だが、起動そのものが面倒になる弊害もある。


あと、起動しなくてもパッチを勝手に当ててアップデートしてる? そこら辺はよく分からないが。

なんにせよ不便になったなと思うのは、重い割にお知らせしかない公式サイトくらいで後はほぼ快適。


続きを読む

↑このページのトップヘ