ときはのにっき。

オンラインゲーム日記。Tree of Savior(TOS)など。 基本的にネタバレ全開です。

カテゴリ:TOS > 2nd らっきー

育樹祭。わざわざミニゲームを用意する程だ。中々気合の入ったイベントだと言えるだろう。

その意気に応え、我々啓示者も毎日クラペダへと足を運び、全力でピョンピョン飛び跳ねる毎日。


ただし残念ながらミニゲームが楽しいという声は聞かない。まぁ、イベントなんてそんなもんだ。

開発は気を落とさず、オモシロイと思ったものを実装して貰いたいね。面白いと思ったモノをね。


続きを読む

次のパッチか次の次のパッチかは知らないが、R10が来るらしい。そして380防具が実装される。

いつ来るかは分からなくても、半年以内には来るだろう。となれば315だの350だのは通過装備。


装備を厳選している暇があったら、まずLvをカンストしておかないと。1st以外はまだ未カンスト。

まずはレベルが一番高い2nd、らっきーをLv350からLv360(カンスト)まで引き上げよう。


続きを読む

すっかり落ち着いた感のあるTOSも、最近はR10情報も出てくるなどまだまだ続きそうな気配。

控えてるのは新職パイドパイパーにエクソシスト、それにキャップ引き上げと星の塔か・・・。


まぁ例によっていつ来るのかはわからないし、それまでやる気が続くかどうかは怪しい所。

一次ソースを探りに韓国の開発情報を見に行くと・・・過去幻想図書館改変!?


続きを読む

350武器になった。+11にした。まだ6段だけど超越もした。

結果ミクマシュで敵なしとなれば、ナザレヌに乗り込むのは当然の流れ。


だが、ナザレヌは終盤のくせにいきなり敵のタフさが2倍に跳ね上がるインフレ狩場。

現時点で何とか余裕を見せられる程度の火力で果たして本当に通用するのか。


続きを読む

安定して稼げる、というといかにも高収入なキャラのように聞こえるが、そんなキャラはいない。

安定とは長時間の狩りが容易なことであり、即ち操作が簡単か否かが最も重要といえる。


ジョイントだけの長男に嵐だけの長女、メテオとフォールだけの次女三女。Best Easiestは一体誰だ?

へっ、オレを忘れてもらっちゃ困るぜ兄弟! ミスター通常攻撃、クォ鷹バレの次男らっきー様だ!


続きを読む

ふぃあはエメガ盾、はっぴーはアヴドーチャとアスパナの2つを貰ってご満悦だ。

あとは時間的に厳しいということでサクラヘアピンを最後に手に入れて終了の予定。


手に入らなくてもいいから楽なキャラということでお鉢が回ってきたのはクォ鷹のらっきー。

何一つ恩恵に与ってないのに、こんな敗戦処理みたいなことをやらされるとは。解せぬ。


続きを読む

ゼテオ方面のクエストもいよいよ次のアペロタオの岸で最後。

ゼテオ、アイテオときたのに、次はアペロテオじゃないんだね。いや別にいいけどさ。


先行したウグニスを追ってアペロタオの岸へ。先走るのは良いが、大丈夫か。

女神に急かされたとはいえ、一人で突っ走ってひっくり返ってたらそれはそれで指さして笑うけど。


続きを読む

アイテオの岸は、ニムラ族とバロル族によりもはや陥落寸前という危険な状態だ。

にもかかわらず、ここを護る伝承者や自称啓示者達には危機感が全く足りない。


むしろ、スーパーつよーい救済者の出現によって弛緩した空気さえ漂っている。

いくらやばいよ? やばばのばだよ? と言っても彼らはもう勝った気でいるので話にならない。




続きを読む

どうせ適当なサブシナリオだろうと思ってたらシャレにならない兵器が出てきてしまった。

生命を糧として死の胞子を振りまく魔族の大量殺戮兵器だ。簡単に言えばガチでヤバいヤツ。


啓示者もある意味ガチでヤバいヤツだけど。いやそんなふざけてる場合じゃないんだって。

やはりあの時取り逃したのは失敗だったか・・・。今度こそ叩き潰さねば人類は滅亡する。


続きを読む

軽い気持ちでゼテオの岸へと足を伸ばしたが、想像以上に大変な事態が進んでいる。

一致団結して攻めてくる魔族に対し、人間達は今も神樹の影響で今日を生きるのも精一杯だ。


唯一元気なのは女神が顕現し、しかもデレた事でテンション爆上げのユラテ信者、通称伝承者。

しかし今は元気でも、数も質も劣る伝承者達ではそう長くは続かない。ここは救世主の出番だな!



続きを読む
このページのトップヘ