ときはのにっき。

オンラインゲーム日記。Tree of Savior(TOS)など。 基本的にネタバレ全開です。

カテゴリ:TOS > βテスト他

8月29日にアチャ系とクレ系の新職を含むアップデートが来るらしい。

新職だけでなく、美容室もオープンし、新コンテンツ「ベルニケの破片」も実装されるとか。


普通であれば、うおお新職用キャラ育成いそげ! となる所なのだけど。

自分でも驚くほどテンションが上がらない。理由はたった一つ。もう分かりきってることだけど。


続きを読む

340FDやユニークレイドの登場により、すっかり影が薄くなった大地の塔。

まぁ大地エアプなんでよく分かってませんが、色々と仕様が変わるようです。


※この記事は韓国のテストサーバー情報です。

 日本に実装される仕様とは異なる可能性があります。

 またchromeの翻訳機能を利用しています。間違い等がありましたらご指摘頂ければ幸いです。

 続きを読む

強化の後の弱体化には定評のあるIMC。

大改革となる9次パッチの後も例外なくナーフ(弱体化)の嵐が吹き荒れる。


※この記事は韓国のテストサーバー情報です。

 日本に実装される仕様とは異なる可能性があります。

 またchromeの翻訳機能を利用しています。間違い等がありましたらご指摘頂ければ幸いです。


続きを読む

3回に渡ってお送りしてきた、やたらと文字だらけの日記も今日で終わりです。

今回ご紹介する9次パッチが、DPK廃止やR9追加に次ぐ大型変更となるでしょう。


こちらはまだ韓国本鯖にも実装されていない未実装パッチ情報です。

文章量がかなり多いので時間がある時にご覧頂ければと思います。


※筆者は韓国語はサッパリな上、TOSもエアプを疑われるほど知識が浅いです。
 もし誤訳・語弊等ありましたら是非ご指摘お願いします。


続きを読む

R9まで実装されて弾は撃ち尽くしたかに見えるTOS。

だがしかし、実はまだ変身を3回残しているぞォ!


ということで先日御紹介させて頂いたのは主にAOE関連改善の7次パッチでした。

今回はその次、8次パッチなるものです。こちらは純粋にクラス性能の変更ですね。


※筆者は韓国語はサッパリな上、TOSもエアプを疑われるほど知識が浅いです。
 もし誤訳・語弊等ありましたら是非ご指摘お願いします。



続きを読む

R9の実装も終わり、祝福石の取引解禁、そして多彩な未鑑定装備の供給。

新規参入や復帰者も見込めるようになり、現役は多彩な育成が可能になった今日この頃。


雰囲気的にはようやく少し落ち着いた印象のJTOSですが、開発側ではまだ幾つか変更が。

最新パッチについてはまた今度ということで、まずは未実装の第7次パッチ情報から見てみよう。


※筆者は韓国語はサッパリな上、TOSもエアプを疑われるほど知識が浅いです。
 もし誤訳・語弊等ありましたら是非ご指摘お願いします。


続きを読む

10月14日、TOSの1周年アニバーサリーというオフラインイベントが開催されました。

残念ながら現地には行けないので、大人しくニコ生を眺めてました。


その中で直近のアプデ情報がありましたので、日記に付けておきたいと思います。

いやぁ楽しみですね! (実はゲーム内でシャウトがなかったら見忘れてたとは言えない・・・)


※ニコ生放送を流し見しながら適当にキャプチャーしてます。

 正確な情報はキャプチャー左下の時間を参考にタイムシフトをご覧ください。


続きを読む

動画というメディアは、大容量の情報と引き換えに時間を取られるのがネック。

故にあまりニコ生とかは見ないのですけど、ミサに出席しない信者は居ません!


という事で、アップデート記念として8月25日に放送されたニコ生特番を見てきました。

大まかな流れといくつか気になる発言がありましたので、簡単にご紹介したいと思います。


※個人の感想です。詳しく正確に情報を得たい方はタイムシフトを御覧ください。



続きを読む

TOSは無駄にクラシックを喧伝しているだけあって、便利な機能もあるが不便なところも沢山ある。
まだOBTだからという見方もあるが、既に韓国、国際ではサービス開始から随分経つのでその言い訳も苦しい。


 ※この記事は独断と偏見に基づいて作成しております。真に受けず適当に流し読みして頂ければ幸いです。
 ツールの紹介記事ではなくツールに関する専門知識もありません。間違い等あればご容赦ください。


続きを読む

※この記事は独断と偏見に基づいて作成されております。真に受けず適当に流し読みしていただけると幸いです。

TOSをプレイする上で誰もが頭を悩ませるのがキャラビルド。即ち、どの職を取り、どのスキルを覚えるか。
ランクアップで単純に二択ならまだ簡単だが、同じ職を再選択可能という新たな選択肢が思考を迷宮に誘う。

 続きを読む
このページのトップヘ