既にTOSのCBT日記も5つ目。まだまだ序盤だ。アルケミストまでの道は遠い。
と言うかベータなんだからもうちょっとお金とか経験値とか優遇して欲しかったな。どうせワイプされるんだし。


※基本的にネタバレ全開です。ご注意ください。












20151217_01


今回は初のダンジョン、水晶鉱山の2階から。探索していると、親切にもヴァカリネ女神像が設置してあった。
ここは鉱夫達の休憩所らしく、素朴ながらもテーブルや樽などの生活家具がちらほら。


20151217_02

本棚の本は読めるらしい。おお、良いね。若干世界観の説明が不十分な感じがするので、
こういったところで時代背景などを補完していければ探索する楽しみもできて良いね。


20151217_03

なんか本棚が喋ってる感じになっちゃってるが、それはさておき。意外と色々本がある。
さぁ、どれを読もうかな。まぁ結局は全部読むのだけど。まずは神学大典でも読んでみよう。


20151217_04

まさかの縦書き。この発想はなかった。さすがキム・ハッキュ。いい意味で期待を裏切ってくれるぜ。
しかし、いかにも続きがあるような文章だが次のページはない。日記はここで終わっている・・・。


20151217_05

樽から薬草でも出てこないかと調べていたら、なんか入ってた。逃げ遅れた鉱夫か。
若造だと? カッチーン! 


20151217_06

んっ、かっ数は言わないですけど、皆さんが懸念するような状態じゃ全くないので。数は言わないですけど。
ぶっちゃけ既に周りはゴブリン王国だ。いずれ見つかって哀れにも貪り食われるのだろう。


20151217_07

食べてみる? って、腐った食料の分際で随分と大胆な奴だ。
饅頭と会話してる啓示者も相当やばい気がしないでもない。なんかレベルとか下がりそう。


20151217_08

食べるしかない選択肢。私は世界の命運を握る女神の啓示者。その命は腐った芋饅頭より軽い。
腐っていようが食べ物は食べ物。飢えて死ぬよりはマシだろう。別に満腹度のようなシステムは無いけど。


20151217_09

腐っている。分かっている。あ、もしかして腐っているのは頭のほうって言いたいのかな?
幸いダメージを受けただけで済んだ。腐った食べ物に命をかける、なんとも意地汚い啓示者である。


20151217_10

全然心が休まらない休憩を終え、再びダンジョンを進んでいくとめちゃくちゃ強力な武器が出た。
それもそのはず、今持ってるロッドは片手武器、拾ったのは両手武器だ。盾を捨てる分、火力に特化。

更に防御面での不安は募るが、当社比1.5倍の魅力には抗いがたい。
せっかく強化したばかりだというのに、もうお役御免のスーペリアロングロッドちゃん。おつかれちゃん。


20151217_11

なんだかチャットウィンドウが煩いなと思ったら、なんか装備の耐久度やばいって。
頻繁に装備を更新していたから分からなかったが、これからは修理も必要か。お金足りるかなぁ。


20151217_12

初めての修理代は、意外とお安い。助かった。余ったお金で特性習得とまた武器精錬。
装備を掘っては街で強化の繰り返し。まさにハックアンドスラッシュ。略してハッキュ。うそです。ハクスラです。


20151217_13

ひたすらクエストと狩りに明け暮れるのも疲れたので、クラペダの街をぶらぶら散歩。
やけに白いNPCがいるなと思って話しかけたら、あらかわいい。なんかアイテムくれるらしい。


20151217_14

敵を倒したり、アイテムを入手したり、マップを埋めたりすることでちまちま溜まっていく冒険ポイント。
ときはさんの現在の獲得ポイントは・・・全体平均よりちょっと下の、1752点。もう少しがんばりましょう。


20151217_15

鉱山も3階へと到達し、そろそろ終わりが見えてきた。蜘蛛の糸のようなものに囚われた村人たち。
ファイアボールで火をつけたらさぞかし愉快だろう。ヒッヒッヒ。なんて啓示者はそんなことしません。


20151217_16

どこまで行っても雑魚がモンスターハウスを形成していて休む場所がない。仕方なく行き止まりにてキャンプ。
気休めにファイアボールを置いているが、いざ敵が寄って来た時には既に鎮火していたことは言うまでもない。


20151217_17

長かった鉱山ダンジョン。今度こそクライマックス。ちょっと気合はいった感じのイベントが開始。
これでただの中ボスだったら笑うしかない。


20151217_18

既に鉱山内だけでも数えきれないほどのボスをちぎってはなげ、ちぎってはなげを繰り返してきた。
今度こそ大ボスの登場だ。だよね。間違いないよね。頼む。大ボスであってくれ!


20151217_19

祈りが通じたのか、そこらの雑魚とは一線を画した強そうなボスが登場。
サイズもそうだが作りこみ度も細かい。他のボスったら背景と同化してるような影の薄い奴らばっかだし。


20151217_20

撃破。木っ端微塵もこうやって見ると結構エグい。大ボスとはいえ、敵ではなかった。
方向音痴特有のダンジョン長居症候群を発症してレベルだけは上がってるからね。


20151217_21

なんかちょっと核心っぽいイベントが始まった。とうとうプロローグが終わって真の戦いが始まるのか。
ヘルプウィンドウがものすごく水を差している気がしないでもないが、自動的に出てくるので仕方がない。


20151217_22

そして遂に女神様の御降臨。あなたが神か。ふっ・・・ふつくしいっ・・・! 神ィー!
啓示者啓示者とちやほやされていい気になっていたが、実は中身を知らないエア啓示者から遂に解放される。

しかしこれは残像的なアレだ。分かってたけど世界やばくなった? やっぱね~いや私はわかってたけどね。
と、一方的にミサワっぽい事を色々吐いた後はさっさと消えてしまった。生女神に会えるのはまだ先か。


20151217_23

女神との邂逅を終え、新たな旅立ち。今度はゲリー高原でパラディンマスターなる人物を探せとの事。
何故か直接道を教えてくれず、鉱山の村へ行くように言われる。知らんのなら正直にそう言いたまえ。



20151217_24

道が複雑だから、鉱山の村まで行かせたウスカさんの優しさ。さすがは騎士団長。気遣い方も一流だ。
しかし下とか右とか、表現が逆に新しいな。クラペダからだとエネミーコントローラーばりになるとこだったね。


20151217_25

そんなわけで右に行ったり下に行ったりしてたどり着いたスラウタス峡谷。
雰囲気重視のマップらしい。確かに薄暗い水晶鉱山に比べれば、天国のような場所ではある。


20151217_26

天国に一番近い峡谷。そんなフレーズが頭に浮かぶ。
壊れているのが分かり切っているケーブルカーに乗らなくてはいけない。それが啓示者のさだめ。



20151217_27

いやだ。まだ死にたくない。もう少しシャバを堪能させろ。現実逃避で童心に帰る啓示者。
はっはーなんの巣かは知らんが汚してやったぜ。アリンコでも出てくるのかな?


20151217_28

もぐら? のポアタちゃんでした。攻撃が痛いのなんの。なんかもうHP全快から一撃で即死。
動きが止まり、チャンスだと思って近づいた瞬間動き出して死ぬ。これは厳しい。

ひたすら遠くからエナジーボルトを撃つというスーパーチキン戦法もあるが、安全な代わりにつまらない。
そして燃費も悪い。やはりファイアグラウンドとファイアボールでガンガン削る方が楽しい。

とにかく一撃でも食らうと即お陀仏なので、最初にしっかり観察しないと勝てないようだ。
主力スキルが近接しないと当たらない以上、観察眼を育てなければこの先生きのこることは難しい。


20151217_29

装備が壊れたので街に戻ると、NPCのセリフも進行度に合わせて変化。おお。すごい。
って、まぁそれが普通だよね。早くも啓示者としての成果が現れ始めてる模様。燃えてきた。


20151217_30

そうだ。啓示者は絶望に沈んでしまった人々にとって最後の希望。怖いなどとは言っていられない。
意を決してケーブルカーとは名ばかりのロープウェイもどきに挑戦だ。とりあえず人が渡る所を観察。

みんな普通に渡っている。落ちたりはしないのかな。というか落ちたらどうなるんだろう。
ちょっと興味はあるけれど、深い谷底を彷徨う羽目になるのは御免被りたい。無事に渡りきれる事を祈る。


20151217_31

無人のまま颯爽と進んでいくケーブルカー。乗ったのは気分だけで、どうやら乗れてなかったらしい。
果たしてケーブルカーにすらまともに乗れない啓示者に未来はあるのか。