平日はID行くだけで時間がなくなってしまうので、休日に出来るだけサブっ子のクエを進めていきたい。
ID行かなきゃ良いんだけど、優先度で言えばいつでも出来るクエより制限有の日課。限定に弱いのは人のサガ。 

 
2016111201

Lv120にもなって90ID如きで死ぬはずがないと言って出かけた次男が装備全壊で帰ってきた。
じめんが、むらさきいろにひかってたから、なんだろーとおもって、ふんだよ。そしたら、しんじゃったの。うぅい?


2016111202

今の主な金策。金塊美味しいよ金塊。このレベルでは到底稼げない金額なのでスキル上げに重宝する。
長男は一度バトブレを引いたものの、最近は皮とか爪しか出ない模様。Lvで出る物が変わるのかな?


2016111203

日課も終わったので、サブっ子のクエ再開。例によって魔族に魂を横取りされて悔しいフクロウさん。
口から緑色の毒霧ブレスでも吐けば良いじゃない。と思ったけど動けないんだよね。仕方ない助けてやるか。


2016111204

セーフティゾーンで身を守り、アイスパイクで拘束してくるエルディゴ。無策で脳死乱射するだけの啓示者。
普通逆でしょ・・・。しかしそれでも圧倒的に強い。筋力一筋スーパー体育会系。知能なんて要らなかった。


2016111205

どうでもいいけど、このアイコンがジワる。目つき一つで見えないものも見えてしまう。色んな意味ですごい。
でもなんか憂鬱というより、ふてぶてしささえ感じさせる。こんな顔のフクロウに導かれる霊魂も大概だ。


2016111206

真っ赤に染まった不気味な川。この大量に流れている真紅の液体は魔族に蹂躙された人の血か。
となれば相当凄惨な光景が待っている。事態は深刻だ。アチョーとか言っている場合ではなかった。


2016111207

この森一帯を邪悪な気に変えている魔法陣を壊すため、監視球に守られている小道を突破しないといけない。
壊すのは得意だが避けるのは苦手。しかしここで、単なるアホの子ではないって所を見せておくとするか。


2016111208

1発で走破してやるぜ! と意気込んだものの、触れてないのに戻されてしまう。見た目と判定が合わない。
うん、考えるだけ時間の無駄だな。監視球の動きとか完全スルーで強行突破。インテリ過ぎて自分が怖い。


2016111209

魔族にとっ捕まったさまよえる魂達を無事に解放。後はフクロウたちがあるべき所へ還してくれる事だろう。
また一つ魔族の企みから人々を守ってしまった。まぁその人々はとっくに死んでてあの世に逝ってしまったが。


2016111210

現在進行形でモンスターにかじられながら魔族から解放されたと喜ぶフクロウ。本人が良いなら良いけど。
いや、もとより人とフクロウの考え方が根本的に違うのかもしれない。我々の業界ではご褒美です的な。