ルーンブレイダーとかいう新参に出番を取られたと思ったら、今度はソウルバインダーですか。

たまには脇役の話も良いですが、主役の出番が減り続けるのはいかがなものかと思うのですが。


まぁ、その程度で目くじら立てたりはいたしません。私は他に類を見ないほど慈悲深い民なので。

それに新人がもてはやされるのは最初のうちだけですから。私のNo.1主役の座はゆるぎません。


0821_01

慈悲深き民の日課はもちろん人助けです。棚雲を駆除する? この男性は頭がオカシイのでしょうか。

と思ったら、タナグモという名のスパイダーでした。何の害もないのに命を奪うのは感心しませんね。


あ、煽ってるように見えますが、誤解です。このヘタレ男性にはクモと対峙する勇気などないのです。

仕方がありませんので、私が代わりに追い払いましょう。何故か私が近寄るだけで逃げていくのです。


0821_02

どうせすぐまた集まってくるのですが、目的は達成しました。結構良い性能のマントを徴収です。

お礼を言いつつも、その態度からは感謝が見えませんね。あれあれ、いいんですか。そんな態度。


まぁ、私はいいですけどね。人はお互いに感謝の気持ちを持つことで清く正しく生きられるのです。

感謝。そんな簡単なことさえ出来ない人には、決して幸福は訪れません。後悔しても知りませんよ。


0821_03

今度は鉄網のガタツキが気になるようです。してあげるなどという恩着せがましいことは言いません。

依頼はガタつく鉄網をハメ直す。報酬は金と経験値。今回は単なるギブアンドテイクのビジネスです。



0821_04

正常にハマってる鉄網はぶっ飛ばしますけど構いませんね。壊すなとは言われていませんので。

ハマってる方は一撃で吹き飛び、逆にガタついてる方がうまく衝撃を逃してハズれないという皮肉。


世界には色んな人が居ますから、たまにはどうしてもソリの合わない人間と関わる事もあります。

ですが単に私が意地悪したわけではありません。彼の因果がこの顛末を生んだというだけの話です。


0821_05

牛乳を飲むと背が伸びるのではなく、栄養価の高い物を沢山摂取すれば自然と体は大きくなります。

そして適度な運動や充分な安息も必要ですし、即ち規則正しく健康的な生活を送ることが大切です。


飲むだけで背が伸びる、などという不健全な精神のままでは頭も体も心も器も小さいままです。

とりあえず、体を作るのはなんと言っても食べ物。まずは食生活を改善する所からですね。


0821_06

飲むだけで足が長くなるサプリ・・・。モンスターも見た目を気にする時代なんでしょうか。

こんなの100%眉唾ものなんですが、実際に大きなコボルゲン達が摂取してるのを見てるわけです。


ならば本当に足を長くする効果があるのかも知れないし、なくてもプラシーボ効果は期待できます。

後は他所様のお子様にこんな物を与えて良いのかという倫理上の問題だけです。つまり問題なし。


0821_07

ま、すべての努力を否定するようで悪いのですが、身長なんて殆ど遺伝ですよ遺伝。

結局効果はなかったので、新たな手がかりを求めてニューロンDNA研究センターへ。


こっちはこっちでそれどころじゃないようですね。それにしても植物のDNAですか。

話が超展開過ぎる気はしますが、DNAといってもドンキで買ったナウいアレの略かも知れませんし。


0821_08

いまいち火力が低いプリーストとはいえ、範囲攻撃での総ダメージは中々のものです。

私のホーリーエクスプロージョンで並み居るアンデッド共は一体残らず灰燼に帰しました。


実際にはレベル差で押し切ってるだけとも言いますが。ん。あれ、右のミイラが消えませんね。

というか、モンスターっぽくないというか。ホリエクに思いっきり巻き込んでしまいましたが。


0821_09

あの~、もしも~し。・・・しーん。返事がない。ただのしかb・・・んんっ。あは。いやですね。

こんな所で寝てるなんて。も~、研究者って人種はすべからく生活力に問題があるんですから~。


徹夜もほどほどにして、夜はきちんとお休みした方が良いですよ~ってことで、私は先を急ぐので。

本当は癒やしたいのですが、いや~仕方ない仕方ない。それでは、ぐっばいふぉーえばー。


0821_10

こちらは随分と元気な生き残りですね。強靭な怪物に魅入られた狂人って所でしょうか。

いくら私が頭脳明晰な才色兼備でも、コンピュータの代わりはいささか難題ですね。


でも頼まれたら断れません。人が良いので。そして出来ないことはないのです。天才ですから。

ま、ちょっくら行ってきますよ。私の辞書に不可能の文字はありませんから。


0821_11

不慮の事故でコンピュータが壊れていればデータを読み取る必要はなくなりますね。

いや、ガスボンベを投げつけてるのは単なる探検目標です。一切他意はありません。


ただ、私は世界を救う救世主(メシア)なんですよ。それをそこらのUSBメモリ扱いとは。

まぁ、研究者というのは往々にして傍若無人な生き物です。これもまた一つ徳を積んだと思えば。


0821_12

悪い顔をするミハエル博士。人を疑ってはいけませんが、警戒するに越した事はありません。

怪物の強さに惹かれた博士なら、ドーピングコンソメスープを作っても不思議はないですから。


そんなものを作った所でどうせ私にはかないませんし。せいぜい良い声で鳴く玩具程度でしょう。

ただこれ以上の助力は責任問題に発展すると厄介です。最悪、私が始末する事になります。博士を。


0821_13

すぐ下が地下室なのですが、いやもうホント真下なんです。ハシゴを3m降りれば着きます。

そんな距離ですら自分で調べに行かないミハエル博士。実はそんな興味ないんじゃないですか。


それでも確かに足元が揺れるというのは少し気持ちが悪いと言うのは分かります。

ちょっと確かめてくる程度で良いのならちゃちゃっと行ってきますけどね。


0821_14

なんかどっかで見たことあるようなのが生意気にもキノコと一緒に歯向かってきました。

ので、あっさりとミンチにしてやりました。嘘です。3回位こっちがミンチにされました。


突き上げ系の行動不能攻撃は痛いですね・・・しかも死ぬと外から再開なのでHP全快ですし。

天上の光とアルコンでひたすら逃げ回るというチキン作戦でようやく撃破しました。強かった。


0821_15

さて今日はここま・・・で、という所で不自然に人が集まっていたのでしれっと参加。

ボスの出現時間だったんですね。やたらLv60が多かったのでフォートレスクエでしょうか?


一瞬で終わったので、一生懸命攻撃したんですけど、どれほどHITしたかは疑問です。

収穫無しかぁ、と思って帰ろうとした時、消え去った死体の影からポロッと棒状のアイテムが。


0821_16

現時点ではとても強力なセプターを頂きました。やはり日頃の行いが良いからですかね。

日々をダラダラ生きるわけではなく、何事にも一所懸命ですから。やはり神様は見ています。


でも、セプターって物理攻撃力なんですね。出来ればブックのほうが良かったかなぁって。

それとも、原始人のようにひたすら棒で叩いて敵を殺してこいという啓示なのでしょうか。