マスカレイドを求めて旅に出たカタリナさん。

仲間を求めてピドナへ向かうと、子供の迷子事件が発生。ようし、助けに行くぞー。


rs3_002_01

初戦で鬼火によって消し炭にされたエレンさんはミカエル様の生命の杖で見事に復活。

したのは良いけど、HPが増えない。体術がレベルアップ! じゃないでしょう。まず死なないで。


でも体術もLv1だと全く役に立たないから上がってくれなきゃ困るけど。よく使う気になったよね。

打撃に強い敵にはお手上げだし。普通に斧でかち割ったほうが手応え的にもグッドなのに。


rs3_002_02

棍棒、ゲット。あぁ、栄えあるロアーヌ貴族であるカタリナさんがまるで山賊。

いえカタリナさんは髪を切っても相変わらず貴族然とした高貴なオーラを讃えているのです。


血まみれの拳にボロ布をまとった世紀末女、鈍器片手の筋肉女といった取り巻きのガラが悪いだけで。

男二人はイケメンだけど、頼りになるかって言われるとうーん。シャールさんは割とタフだけど。


rs3_002_03

意外とつよい。腕力の高いノーラさんが使えば、まさに鬼に金棒ってね。うふふ似合いすぎ。

あっ、なにその目は。貴方は戦闘力を買われてるのだから強い武器を与えられて本望でしょう。


それと渡してあるミカエル様の生命の杖の事だけど、略してミカエル様って呼ぶのをやめてくれる。

ケーンと離れて夜が寂しいのは分かるけど、棒を名前で呼んで可愛がるなんて見てる方が悲しいわ。


rs3_002_04

必死の捜索の末、ゴンちゃんを発見。探しに来た大人たちを見て、まず第一声がミッチは? って。

周りはモンスターだらけで心細かっただろうに、汚い下町で育った割に純粋で心が強い子だね。


これもピドナ屈指の名家、クラウディウス家が誇るミューズお嬢様の教育の賜物なのかしら。

それに比べ、上品な宮廷で育ったにも拘らず、おてんばな娘に育った我らがモニカ様・・・。


いいえ、これは本人の資質が大きいのでしょう。奇しくも環境からの悪影響は否定されたわけだし。

だからカタリナさんは悪くない。・・・多分。


rs3_002_05

複雑な胸中をしまい込み、ゴンを慈愛あふれるハグで安心させるカタリナさん。

常識では考えられないほどアグレッシブな髪型の彼も、やっぱり年相応の少年だったわ。


この子は間違いなく良い男になる。ここでツバつけておけば、もしもの時も安泰。

そのもしもが何かは口に出すのは憚られる。言霊の力って、意外と強力だから。


rs3_002_06

第一目標のゴンちゃんも救出したことだし、せっかくだから何らかの見返りは欲しい所。

というわけで、独断で魔王殿の調査を続行。シャールさんの刺すような視線もガン無視。


外で待っているミューズさんたちは心配しているだろうけど、大丈夫。杞憂で人は死なない。

ゴンちゃんの死体を持って帰れば気絶くらいはするかも知れないけど。いや、そんな事しませんよ?


rs3_002_07

浅層の宝は殆ど空箱だけど、奥に行けば手つかずの財宝がマジガッポ。冒険者マジウェーイね。

真面目に働くのが馬鹿らしくなるわ。まぁ、生まれてこの方真面目に働いたことしか無いけど。


モニカ様がアレなのは教育の問題じゃないから。ああいう無鉄砲な時期って誰にでもあるでしょう。

あくまでカタリナさんはただの侍従なので逆らえないし。ミカエル様はきっと分かってくださる。


rs3_002_08

戦闘を繰り返す度に少しづつ敵が強くなってくるね。相変わらず簡単に死ぬ癖がある村娘。

なんなの? メンヘラなの? 村じゃ数少ない男連中にチヤホヤされてた報いでも受けてるの?


それをミカエル様の生命の杖で容赦なく叩き起こす鍛冶屋の娘。ちょっと、大事に扱ってよ・・・。

男連中は武器の相性もあると思うけど、与ダメが可愛い。そういう癒やしは要らないのよ。


もうやだ、がさつな男女と非力な女男。いや、誰でも最初から上手くいくはずなんてないか。

そもそも知り合いが居ないカタリナさんにこれ以上の仲間は望むべくもない。今は我慢よ。


rs3_002_09

なんかかなり深い層まで潜った所で、魔法陣の上に立・・・浮いてる妖精の類が。中ボス的な?

考えなしに進みすぎて完全に帰るタイミングを失ってたけど、これを倒して一区切りつけよう。


いや、倒せるかどうかはわかんないけど。まぁ、物は試し。トーマスくんが二段突き覚えたし。

というかシャールさんとトーマスくんって色々被ってるね。槍が被って・・・これ以上はいけない。


rs3_002_10

出てきたのは蛇女×5。あんまり強くなさそうで良かった。既にエレンさんだけ3死。

条件的には全く一緒のトーマスくんは何故か全然平気だし。やはり何かの因果が疑われる。


って、そんな事より、今は豊満な女体に蛇の下半身を持つこの特殊性癖の塊みたいなモンスターよ。

幼少期の体験は一生に響くからね。ゴンちゃんの貞操観念を守るためにぶつ切りにしてやるわ。


rs3_002_11

って、強っ・・・! 蛇女の吸血で、全身の血を吸い取られてミイラになるエレンさん。

炭化したり、干からびたり、まだ若いのに大変ね。でもこれはまずいわ。冗談抜きに。


回復役のノーラさんを最初に一撃でやられた時点で戦意喪失。僅か1ターンでそそくさとリセット。

まぁ、一瞬で全滅しなかっただけマシかな。じゃ、一旦戦力を整えるために戻るとしよう、うん。


rs3_002_12

と言っても帰り道も辛い・・・悪魔型シンボルのランクアップは無茶苦茶きつい。

確か何度も逃げて当たり直せば弱い敵になることもあるけど、それはプライド的にNG。


それに強い敵に立ち向かうと、強力な技を閃くチャンス。ここで攻撃スキルを覚えておくと楽。

問題は倒せないことね。狭い帰り道を通せんぼされて帰れない。もしかしてここで朽ちる運命・・・!


rs3_002_13

と思ったけどなんとか脱出成功。危なかった。何故かLPの少ない怪我持ちのシャールさんは無傷。

やっぱりエレンさんだけまじ袋叩きなんですけど。どんだけ日頃の行いが悪いのよ。


カタリナさんも羅刹に1発やられちゃったけど。まぁ、やられたのは初めてじゃないから(意味深)

あっ、これ意外とダメージ大きいわ。NGワードね。ペナルティはLP全ボッシュートの刑よ。


rs3_002_14

やっとの事で地上まで戻り、無邪気に駆け出すゴンちゃん。さっき泣いてたカラスがもう笑ってる。

その一方で、あわや全滅かと思われる死闘を余儀なくされたシャールさんは般若の形相。うっ。


一応形ばかりの謝礼を述べると、一顧だにせず行ってしまった。こっちのフラグは立たなかったかな。

流石のカタリナさんも、猛省・・・っ! これは反省会を開く必要があるわ。では、宿屋に集合!


rs3_002_15

スヤァ・・・。さすがの槍自慢くんもいきなり女3人はハードルが高かったのか、極めて健全な夜。

というか初めての旅で、初めての激戦。疲れちゃったからしょうがないね。慣れるには時間が必要。


折角恩を売ったシャールさんのフラグは折れちゃったから、新たな5人目を迎える必要があるね。

回復役ももう一人欲しいから、唯一、術も使えるトーマスくんを回復術士にするのも良いかな。