ピドナ旧市街での迷子事件を無事に解決したカタリナさん。

4人目にトーマスさんをお迎えしたのは良いけど、5人目の仲間が決まらないなぁ。


rs3_003_01

ふらりと立ち寄ったスタンレーで、何やら怪しい看板を発見。ロマサガ警察の出番ね。

って、思い出した。これあれだわ。あのアレ。まぁまぁ、看板なんかも上等になっちゃって。


まぁ、取り敢えず行ってみましょう。仲間が増えるわけじゃないけど、フラグにはなったはず。

と言っても使ったことはないけどね。意外と強いと評判のあの子だけに、この境遇は不可解だけど。


rs3_003_02

早速中に入ろうとすると、受付に呼び止められる。ふぅん、随分な度胸じゃない。

この私を誰だと思ってるの? 栄光あるロアーヌ貴族、ラウラン家に無礼を働く気?


こんこんと私がいかに高貴な人物であるかを説いてみせたけど、下人には理解できなかったようね。

これだから学のない生物は。仕方ないから10オーラム払ってやったわ。チッ。この守銭奴どもめ。


rs3_003_03

10オーラムも払って見世物小屋に入ったけど、どれもすごい人だかりで全然見えない。

トーマスさん、あなたちょっと大車輪してきなさいよ。え、まだ覚えてない? そっか・・・。


というかディスプレイが下手なの。段差をつけたり距離をあけないと他の人が見えないでしょう。

カネ払って他人の後頭部眺めに来たわけじゃないのよ。責任者ちょっと来てくれる? お金返して。


rs3_003_04

その晩、宿に泊まると虫のような鳴き声が。見世物にされてた妖精さんね。鈴虫かと思ったわ。

無視してそのまま寝ても良かったけど、10オーラムぼったくられたのを思い出すと腸が煮えくり返る。


そうね、10オーラム分のお楽しみは頂かないと。お題目は目玉商品に逃げられて真っ青な商人たち。

んん、想像しただけで痛烈にユカイだわ。そうと決まれば善は急げ。よし全員起床! 行くぞォー!


rs3_003_05

カゴの中で眠る少女のようにも見える、妖精さん。人と異なるのは小さな体躯に似合わぬ巨大な羽。

見栄えもあるのか、やつれた様子はない。乱暴な扱いでもまだ可愛がってもらってる方ね。


でも、自由のない生活。ただ死んでないだけ、生きてるだけの生活はさぞや息苦しいでしょう。

モニカ様も同じ心境を抱いていたのかもしれない。今頃、悪い男に騙されてなければ良いのだけど。


rs3_003_06

籠のフタを開けると、一目散に飛んでいってしまった。昼間は喋ってたから発話障害ではない。

見世物小屋の人間と間違えられたかな? ま、経緯は知らないけど人間不信には違いないし。


すんなり助けに来たとは思わないよね。とっさに千載一遇のチャンスと思って逃げたのかも。

別に良いけど。さて、明日が楽しみね。ついでに他の小屋も検めておこう。1匹も2匹も同じよ。


rs3_003_07

右の小屋に居たのは、荒ぶるグロ担当のソウルサッカーさん。見た目からは想像できない素早さ。

触手野郎に粘液をぶっかけられるのは、もちろんエレンさんの担当。ノーラさんはキャラじゃないし。


別に粘液まみれになるのはトーマスくんでも良いけど、そういうニッチな需要を目指す気はないから。

CERO Bとはいえ、良い子の楽しいロマンシングサガ3なのよ。腐った大人は自重するべきね。


rs3_003_08

溶解液で規格外のダメージを受けるエレンさん。今回はどろどろに消化されて死亡。嫌過ぎる。

でも毎回初っ端に死ぬのは分かってるわね。一応言っとくけど、ヤラセじゃないからね??


あっ、カタリナさん閃いた。この強さ、技道場に使えるんじゃない? 死んだら即アウトだけど。

全体攻撃でいきなり全滅とかはなさそうだし、ここでいくつか技を閃いておけば後が楽になりそう。


rs3_003_09

と思ったけどあっという間に全員倒されて命からがら退却。強すぎて技を覚えるどころじゃないわ。

ノーラさんが生き残ってればパワーヒールで一人ずつ起こせるのだけど、速攻でやられちゃったし。


やっぱり回復役がもうひとり居たほうが安心ね。傷薬でもいいけど、お金がかかっちゃうし。

宿代は1人1オーラムなのに、傷薬は1個30オーラムもするのよ。どう考えてもおかしいでしょ。