圧政に耐えかね、邪教に染まった結果、働き手の多くが精神に著しく異常をきたしてしまった不幸な村。

もはや死の運命からは逃れられない。ならばせめて被害が蔓延しないよう”救済”するのが冒険者の務め。


1

邪教の集いに一人乗り込む有閑なもとい勇敢な冒険者。別に恨みはないけど、攻撃するなら仕方ない。

自衛はしなくちゃね。邪教徒の言うすべてを晒せって、どういう意味かな? 多分、こういう事かな。


2

エレクトリックストームで木っ端微塵に吹き飛ぶ肉片。普段見えない所まで存分に晒しちゃったね。

さて、金目のものを回収しましょう。強殺? いいのいいの、邪教徒の扱いなんてこんなもんよ。


3

最近は冒険者より王の騎士と呼ばれる事が多い。それじゃ私がシリアンの部下っぽくてヤなんだけど。

まぁ、いいけどね。私が自称してるわけじゃないし。呼び名なんて自分の好きなように呼べばいいさ。


4

潜入任務ゆえにフラストレーションを貯めてる斥候を尻目に、思う存分に汚い花火をぶちまける。

温かい鮮血を浴びながら、汚れた魂がまた一つ救われたと思うと我ながら聖人ぶりに口角が上がるわ。


5

ヒャッハー邪教徒は皆殺しだァー! とばかりに敵地へと潜入。邪教徒は悪魔崇拝者なのね。なるる。

ってことは、また別の悪魔が出てくる訳ね。アークを集めるのが先か、悪魔を皆殺しにするのが先か。


6

一番奥に居た大司教も解体して、主要な装備品を奪う。なにこれ、大司教カードだって。ふふっ。

自分のカード作って後生大事に持ってるって、痛いわぁ。邪教自体が痛いけど、これは致命傷モノ。


7

邪教のアジトを潰して近くの村に戻ると、珍しいNPCが。旅商人のバットだって。色々売ってる。

販売終了まで10分弱の表記。ああ、なるほどぉ。時間限定かー。う~ん。全部は買えないなぁ。


8

食品やプレゼントはまだ使わないだろうと思って、とりあえずセリアカードを買ったんだけどさ。

実は冒険の書でただで手に入れられたみたい。てかカードが高値で取引されるセリアさん、何者?