思えばずっと、ポストROを求めて彷徨っていたのかもしれない。だが、現実は厳しかった。

RO2は頓挫し、後継作と目されたTOSはもはや別ゲー状態。LOSTARKも原神もV4も、何かが違う。


1

ならもうROに復帰すれば? という内なる神の声に従い、早速インストール。クライアント軽っ。

タイトルは見慣れた感があるけど、絵柄は結構変わった? けど、何となく懐かしさは感じるかも。


えーと、ROを始めたのは2003年だったかなぁ。それから、どれくらいやってたかなぁ。

多分まともに遊んでたのが名無し島あたりまで。その後はたまに様子を見に行ったくらい。


ネームレスアイランド実装パッチが2008年? って、事は、12年前・・・うそだ・・・うそだッ!

ああ、でもそんなになるかー。道理で全然覚えてないわけだ。決して加齢のせいではない・・・!!


2

今のワールドは全然聞き覚えがない名前になっちゃってるね。てかまだこんなに鯖があるのに驚き。

昔のアカは綺麗サッパリ忘れてしまったので昔を懐かしむための記憶もなにもないよ。


3

各サバの人数はこんな感じ。大体400~600人くらいかなぁ。最古鯖は1鯖1万人以上いなかったっけ。

まぁそれは膨大な数のBOTも含めてだけど。でも今の500人×15鯖で7500人としても大したもんだよ。


4

今はこのサーバーに人が集中してるみたい。ブレイダブリク? じゃなくてブレイザブリク。

ゴールデンタイムで3384人かー。思ったより多いなぁ。よし、ここでキャラ作っちゃおうか。


5

キャラ作成画面はあまり変わった感じはしないけど、今は1アカで15人も作れるらしいよ。凄いね。

昔は確かデフォで3人じゃなかったっけ。プリ、騎士、商人作ったら後は別アカで、みたいな。


6

おおお? 人間の他にケモノが居るぞ!? しかも1アカウントで性別も選び放題なの?

ほえー。変わってるねぇ。猫ちゃんみたいなケモナーもいいけど、やはりここは懐かしさ優先で。


それに新種族は職業自体も未体験なので、もし肌に合わないと慣れるまでが辛すぎるし。

種族は人間、性別は♀、髪型は短めで、髪の色は淡色系。後は名前を入れて、できあが・・・

7

らない。そうかー。古の伝統行事、キャラの名前被り問題があったかー。

まぁでも漢字にしたり何なりとやりようはある。適当に漢字にすればイケ・・・ないな。


8

何回も弾かれるうちに面倒になって、最終的には馬鹿みたいな名前になってしまった。

まぁいいか。名前の通り、全くの素人にはオススメできないマジシャンにする予定。


マジシャンを選んだ理由は2つ。まず、1つ目は魔法使いが好きだから、という単純な理由だ。

2つ目は、装備費用がかなり安く済むという点だ。極論いえば、魔法使いは裸でも敵を倒せる。


9

ワールドに降り立つと、謎の小島に女性が一人。ああ、そっか。まずは初心者修練所からだね。

たしかここから東に行った所に建物があって、その中で色々と教えてもらえたはず。


10

今は修練所、なんてダサい呼び方はしないで、アカデミーっていうのね。なるほど。

なんか、意外と覚えてるかも。ALT+Eでアイテム、ALT+Vで基本ウィンドウだったかな。


11

ステータスウィンドウはALL+1だけど、ポイントが最初からある程度キープされている。

これも昔は作成時に振ってたよね。ALL+5からトレードオフでStrを上げるとIntが下がるみたいな。


まぁ、オーソドックスなINT-DEXにしようかな。INTは魔法攻撃力UP、DEXは詠唱速度UP。

他にもINT-AGIやSTR-AGIなど奇抜なスタイルも流行ってたなぁ。いや殴りマジは流行ってないかな。


12

スキルリストとかもぜんぜん違うや。昔は普通にリスト形式だったと思ったけど。

習得条件とか結構複雑なのも多かったから、もう公式ガイドに首っ引きだったよ。


13

ワールドマップ! これはみやすいね。マップ名までばっちり。今はこんな感じかぁ。

当時は地名は通称(古城とかポリン島とか)呼びか、普通にプロ↓↓→みたいな言い方してた。


中央がルーンミッドガッツ王国の首都プロンテラで、北がシュバルツバルド共和国の首都ジュノー。

それから、アルナベルツ教国の首都ラヘル。懐かしい。マップ的にはそれほど増えてはないみたい。


14

十数年ぶりとはいえ、あまり新しく覚えることはないと思うけど、せっかくなのでアカデミーへ。

乱雑に脱ぎ捨てられた初心者用装備。人目に付く場所に捨てるのは【ノーマナー】ですよ?(キリッ


15

ノービスの数少ないスキル、応急手当も無条件で教えてくれる。マジになっても使うから嬉しいね。

でも死んだふりは教えてくれない。まぁ、転職したら使えなくなっちゃうし要らないか。


16

マスター・スヌスさんに貰った初心者帽子みたいなのを被ると、一気にHPが1000UP。良いね。

ある程度装備さえ整ってしまえば、マジシャンは一人でどこにでも行ける。


とりあえずチュートリアルくらいはおとなしく終わらせて、まずはプロの様子が見たいかな。

プロ(ルーンミッドガッツ王国首都プロンテラ)から魔法使い転職のゲフェン目指して出発だ。


17

流石に17年も経つとNPCのネーミングにも苦労するのか、安直な名前が目立つね。

ミッションが何だかわからないけど、さっさと終わらせて久々にプロで露店巡りでもしよかな。


18

適当にはいはい言ってたら、いきなりぜんぜん違う場所に飛ばされた。ここはどこ? 私は誰? 

って、ここ、アレだ。ジュノーだ。プロンテラどころか、ルーンミッドガッツですらなかった。


19

なにかのイベント会場なのかな。ひっきりなしにアナウンスが流れてるし、街機能NPCも充実。

アカデミーで一次職はよくすれ違ったけど、今の転生職とかってみんなこんな感じなのねぇ。


常時サイト?じゃないけど火の玉出してる人や、なるとみたいなエフェクトも。人外もちらほら。

そっか。ドラムだっけ。そういう種族を使ってる人もいるんだねぇ。NPCとPCの区別が付かない。


20

人混みの中からミッション関係のNPCを見つけ出すも、支給品を持った状態では参加させません、と。

戦闘教範はいわゆる獲得EXPUPアイテム。ミッションと引き換えにボッシュートされるのは痛い。


ていうか、これどう考えてもチュートリアルではないよね。もしかして私、何かやっちゃいました?

まさか、プロにすら辿り着けないとは。17年前もフェイヨンから出られなかったのを思い出したよ。