復帰して半年は経つというのに、未だに聞き慣れないアイテム、地名、モンスターが後をたたない。

それが少しでも解消できるようにとの願いも込めて、エピソード「テラグローリア」絶賛攻略中。


205_01

七王家の一角、ネリウス家のお嬢様スピーカさん。この子と双子のスキアさんは重要人物。

バレンタインイベに出てきたから簡単に死ぬ端役ではないと思う。予想以上にダークな話多いから。


名無し島のクエもそうだし、詳細は忘れたけどキルハイルやsignクエも結構重い話だったような。

聖域もそうだし生体も・・・あれ? むしろ明るくハッピーエンドな話がすぐに出てこない気が。


205_02

相手が誰でも尊大な態度を崩さない私。なんせ魔王モロクを倒した英雄だから?

王族にタメ口余裕ですよ。脆弱な人間種族などイグニッションブレイクで一撃だからね。


まぁそれはおいといて、問題は盗まれたテラグローリアの行き先だ。おそらくはシュバルツバルド。

王家の人間が表立って動けば国際問題なので、そこは素性の分からない住所不定無職の出番って訳。


205_03

いくら私が魔王をも凌駕する一騎当千といえど、一人で奪還するのは流石に無謀が過ぎる。

シュバルツバルドの秘密機関に協力を要請するも、当然事が事だけに国が公に動くことはできない。


現地で戦力を確保しようということで、その交渉役がアインブロックにいるという話だけど。

あれ、確かレイジーさんってアインベフにいた頭のおかしい感じのNPCじゃなかったっけ。


205_04

普通にアインブロックにもいました。重要機関の諜報員の割に随分目立つ格好だけど良いのかな。

テラグローリアを盗んだ相手の見当は付いているけど、証拠がない上に他国とあって慎重さが必要。


この人選は間違ってる気がしないでもないけど、あえて昼行灯を装っているのかも知れない。

能ある鷹は爪を隠すともいうしね。とぼけた格好をしてもINT120を誇る私の目はごまかせないよ。


205_05

堂々と合言葉をべらべら喋っちゃうレイジーさん。やはりアホの子なのでは。

よくよく考えたら、おそらく一番人通りが多いであろう駅で待ち合わせって目立ちすぎだし。


これから向かう場所は、腕に覚えのある武装集団。しかもシュバルツバルドに遺恨のある相手。

下手な交渉をすれば命の保証はない。その行き先の名はクラナネミエリー。傭兵リベリオンの本拠地。


205_06

さぞや一触即発の事態も避けられないだろうと危惧していた割には至って呑気な場所だったよ。

そりゃ、あまり良い目では見られなかったけど。若い人には過去の遺恨とか関係ないからね。


205_07

ベルばらかよと言わんばかりの顔芸を披露するリベリオンの重鎮。完全にシリアスムードは氷解。

若くみえるけど、リアクションは年相応って事らしい。まぁでも簡単に協力はしてくれなさそう。


205_08

それからなんやかやあって最終的には説得に成功するのだけど、随分とクエの雰囲気が変わったね。

クエストと言えばダークな話と相場が決まっていたけれど、流石に18年も続いてると多少はね。


こんな挿絵も昔は無かったよ。可愛いから、クエスト限定でしか見られないのはもったいないね。

アルバムとかで後で見返したりとか、コレクション要素があるとクエストにも熱が入るのに。