名もなき島進入クエストの前提(火山)の前提(聖域)の前提クエストである、宝石クエスト。

考えただけで気が滅入る行程だけど、これはまだ楽な方だからちゃちゃっと済ませて行きたい。


237_01

迷うことなくジェドの屋敷へ向かい、ビンセントさんから依頼をゲット。依頼の内容は人探し。

正確にはクエストの名称でもある「宝石」を持って逃げたと思しき使用人を捕まえること。


宝石さえ回収できれば特に生死は問わない。なお、犯人は15歳の少年。歴史クエに続いてまた少年か。

市場にお使いに出かけたまま帰ってこないらしい。既に宝石を捌いて逃亡してる可能性が一番高い。


237_02

頭にバンダナを巻いた15歳位の少年、というゼロに近い手がかりでこの広い市場を一人で探す私。

それも行方をくらましたのが3日前だよ。今更探したところで、ぶっちゃけ見つかるわけがない。


この商人が何を売っているのかもよく分からないけど、とにかく片っ端から聞き込み開始。

お探しのモノは15歳位で生意気盛りの(多分)美少年なのですが。おたくで扱ってませんかねぇ?


237_03

どストレートに聞く私。傍から聞くと奴隷商人とその顧客に間違われるかもしれない。

まぁどうせ収穫なしだろうと思ってると、人探しをしている人間宛の伝言を預かってるという。


一体誰がメッセージを残したのかが分からないけど、よく考えたら高価な宝石を持ってたんだ。

宝石目当てに拉致られて奪われたりしてたら大変めんどくさ・・・いや厄介なことになるね。


237_04

呼び出されたのは氷の洞窟前。変な男が一人いただけで、使用人の姿は影も形もない。

どういうことなの。ここまで来たのにただの無駄足。よーし、諦めて帰ろっか。


237_05

とりあえず腹いせに男を〆ておく。結局、フォビエ少年の足取りは途絶えてしまった。

まぁ、使用人の代わりなんていくらでもいるし、宝石だって1個くらいなくても分かんないしょ。


237_06

ほほう。本当にそんなに凄い宝石であれば、何としても少年を探し出さなくてはならないようね。

確かに取り戻して欲しいとは言われたけれど、取り返したからって素直に渡すとは言ってない。


アルナベルツの秘宝とあらば、しょぼい報酬貰うより他国に流したほうが儲かるってもんよ。

あっ、でもジェドの信用が失墜すると本来の目的である神殿に顔パスで入れなくなるからダメか。


237_07

発見した少年に聖職者らしく説得を試みる私。聖職者の割には交渉の仕方が若干ゲスい気がする。

まぁしょうがないね。宝石が見つからなければ使用人全員打ち首獄門もありえない話じゃないし。


私の賢明な説得により、無事に宝石は回収。少年も素直に屋敷へ戻ると約束して一件落着。

これで大神官に顔は売れたのでセスルムニル大神殿はフリーパス。教皇様待っててねぇ~!


237_08

勢いよく扉に激突。そう言えば忘れてたけど、一応、献金クエストってのがあるんだった。

今はもう献金自体が終わってるのですぐに入れるようにはなるんだけどね。


当時は一口50kで、計1万口献金すると扉が開くという露骨なZeny回収策には困惑したものだよ。

まぁ結局1zも払わなかったけどね! 当時は収集品で時給100kもあれば稼いだ方だったのよ・・・。