ときはのにっき。

ゲーム日記。Raganarok Online(RO)、Tree of Savior(ToS)、Steamゲームなど。 基本的にネタバレ全開です。

TW

その村は、死にかけていた。うだるような暑さに人々は次々と倒れ、井戸は乾き、食べ物は腐っていく。
そこにイソレットさんが現れたのは不幸中の幸いか、それとも新たな災厄の前兆か。運命は神のみぞ知る。

続きを読む

ゲームというのは基本的に、娯楽の一種である。従ってクリアを前提に作られている。
つまり一見不可能に近い状況であっても、ゲームである以上、絶対に切り抜けられるはず。

続きを読む

カウルでの生存競争は過酷だ。時に一歩も進めずスタミナ切れで遁走する日々も受け入れつつある。
戦略的撤退により死ぬことは少なくなったが、倒してるうちに新たな敵が湧き先に進めないジレンマ。

続きを読む

時間は有限だ。そして二度と取り返しはつかない。カネより大事なリソースをどう使おうが、個人の自由だ。
が、そろそろカウルの人間は全滅していてもおかしくない。クマと遊ぶのも程々にして先を急ごう。





続きを読む

今、カウルの命はイソレットさんの手にかかっていると言っても過言ではない。
しかし火の精霊とのコンタクトに失敗したイソレットさんは絶体絶命の手詰まり状態に陥っていた・・・。

続きを読む

まがり坂最強の植物をくだした今、もはやイソレットさんを阻むものは何もない。
カウル地方最後のダンジョン、紅玉の洞窟へ乗り込もう。

続きを読む

理由なき敗北はなく、努力なき成功はない。まぁ、稀に運が良かっただけということもあるだろう。
だがそのラッキーが3回続けば、それは実力に値する。幸運を引き寄せるチカラというのも立派な能力だ。

続きを読む

人は一人では生きていけない・・・助け合いの精神を説く名フレーズだ。まさしくその通り。
人はみな違う生き物だ。出来ること、出来ないことがある。世の中はギブアンドテイクで成り立っている。


続きを読む

野盗に安住の地を追われ、今度はモンスターの影に怯えながら飢えや寒さに耐えるアドセルの住民たち。
異常な暑さに苦しむカウルも大変ではあったが、夜も眠れぬアドセルは更に悲惨な状況と言えるだろう。

続きを読む

幾多の死戦をくぐり抜け、アドセル入り口までたどり着いたイソレット。
組織だって襲われたことを考えると、背後に何かが居るのは間違いない。心当たりはあるが、確証がない。

続きを読む

↑このページのトップヘ